« 【アニメ】『LISTENERS』を見た | トップページ | 【映画】『SPY/スパイ』を見た »

2021年11月23日 (火)

【書籍】『ほんものの魔法使』読破

 「ポール・ギャリコ」著のファンタジー小説です。

著者の作品、他にも2作品ぐらい、ジャンルはミステリだったと思うのですが、読んでいますが、あまり記憶に残っていないなぁ。

久しぶりにファンタジー作品を読みたくて手に取ったのですが、

~随分、素直な作品だなぁ。というかタイトル通り、そして数行の”あらすじ"通りの内容であまりにも捻りがなく、逆に吃驚です。~

~~~

種も仕掛けもある手品/奇術師達・・・でも、自称「魔術師」として尊敬を集めて生活の糧を得ている都市「マジェイア」に遠方から「ただの魔法」を使う青年「アダム」&モノを言う犬「モプシー」が「魔術師名匠組合(ギルド)」への参加資格を得る為にやってくる!!。

"ほんものの魔法"を使う青年に都市の"魔術師"達は大パニック!?。

~~~

うーん、ファンタジーというのか、それともファンタジーに教訓を絡めて伝えたい作品なのか。

当初、私が期待していた"ファンタジー"とは大分、離れた作品でしたが、サクサク読める内容だったのは幸いでした。

(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ】『LISTENERS』を見た | トップページ | 【映画】『SPY/スパイ』を見た »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【アニメ】『LISTENERS』を見た | トップページ | 【映画】『SPY/スパイ』を見た »

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

リンク