« 【書籍】『女子大生会計士の事件簿 DX.6 ラストダンスは私に』読破 | トップページ | 【映画】『ハドソン川の奇跡』を見た »

2021年11月 3日 (水)

【ゲーム】XBOX、セガサターン、そしてNEOGEOで締め

 動かしておかないと。。。専用のHDMI変換ケーブル使用としているのに、いまいち稼働率が低い。

まあ、原因は持っている、または持っていた人は分かるように「ハードが大き過ぎる」から。

出し入れが大変なんですよ。でも、久しぶりに色々プレイした感覚は良かったです。

ただ、前述の専用~の影響か、一瞬、画面が真っ暗になる事が。プレイしているソフトの影響かと思ったのですが、そうではない模様。

なので、一回、D端子->FRAMEMEISTERに戻してみようかな。D端子の口は、PSPのテレビ画面出力ケーブル(D端子)を接続したままでしたが、PSPは今後は本体画面でプレイし、XBOXのD端子ケーブルと接続しておきました。

今回、経験した「一瞬、真っ暗」が解消されるのか、確認したいと思います。(流石に頻度が多くて、シミュレーションでも、アクションでも困ったので。)

 『ギャラクシーエンジェル』[XBOX]、まだ序盤プレイですが少しの会話パートとリアルタイムシミュレーションが楽しめる作品です。

元ネタの方、存在は知っているのですが、アニメはあまり見ていない、記憶していないような。。。(それともメンバ違いで見ていたのか?)

まあ、XBOXでもこの手のアニメ系作品が楽しめる点で、いい一本です。前述の改善有無検証を含めて、もう少しプレイしたいと思います。

 『O・TO・GI~百鬼討伐絵巻~』[XBOX]、まず映像美に吃驚したアクションゲームです。

私はあまりプレイしていないのですが、1対多で暴れる手の作品かな。。。なので、すんなり入れたけれでも、ちょっと操作的には面白味がないかな。

でも、まだ序盤だからかな、技とか術が使えてくるともっと面白くなるのかもしれません。

 さて次はセガサターンへ。『慶応遊撃隊 活劇編』[SS]、やっと最終ステージ。成程、「拾って投げる」ね。単純に武器でボカスカする作品ではなかったのか。

トーナメントは勝利できたけど、えっ、続き!?で敗退。でも、トーナメント戦のコツは掴んだので、次こそはクリアを目指す。

『ときめきメモリアル対戦ぱずるだま』[SS]、パズルゲームで「優美」で、やっとこさ(「伊集院」つらい)ラスボスまで辿り着くも、気力が・・・BAD END。

『デザイア』[SS]、アドベンチャーゲーム、進めたいのだけど、ちょっと昼日中、サービスタイムになりそうだったので、中断。

『機動戦士ガンダム外伝 戦慄のブルー』[SS]、3作品をまとめたパックパッケージ版で所持しているので、以前にも一気にクリアしようとして・・・放置。こんどこそ─と思ったのですが、意外に進めず。頑張ろう。

SSのポリゴングラフィックは・・・ご存じの通り、"しょぼい"のですが、それを補う面白さというか、味があります。

『デジタルピンボール ネクロノミコン』[SS]、ピンボールゲーム、テレビゲームではないとピンボール、存在は知っているけど、その面白さを味わう事はなかっただろうなぁ。

『ウノデラックス』[SS]、ウノゲーム、流石にウノで6人対戦で1位を取るのは難しいよ。。。ストーリー上、ウノ大会に出場しましたが、予選の6人対戦で1位を取れず、敗退です。

まあ、ストーリーは進むのですが。。。以前にも記載しましたが、なんで女性キャラ、アイドルさん?(素人さん)の声優採用を・・・グラフィック、カットインなど演出が良いだけに残念でならない。

拡張4MBカートリッジ通電の為、『グループ オン ファイト』[SS]、タッグ格闘ゲームです。システムもしっかりしているし、BGMと"ノリ"(キャラ含む)が良い作品です。

本作は拡張が差さっていないと遊べない作品なので、きちんと差さっているか確認用としても利用しています。(でも後述しますが、作品によっては画面でラムが見つかった旨、通知してくれるものあり)

とりあえず説明書の最初「ラリー」「クリス」タッグでプレイ。昔、全キャラクリアした記憶はあるのですが、データも記憶もどこへ行ったのやら。

動かして、そして各技の演出も敵味方含めて見ていて楽しい。

『速攻生徒会』[SS]、こちらも格闘ゲーム、登場キャラに声優さんの下の名前がついている作品。

流石、声優さん、前述の『ウノ~』とは出来が違い過ぎて・・・。格闘部分もしっかりしており、こちらも動かして、そして技を見ても楽しい一品です。

『ゲーム天国』[SS]、こちらも声優さん、そして昔のゲームキャラ(アーケードを知らない私には・・・)が大活躍するシューティングゲームです。

アーケードモードで縦画面表示ができるので、他の縦画面シューと同様にS端子モニタ縦置き対象作品に加えるかと思ったのですが、横画面のみの「アレンジモード」が素晴らしいので。

この頃のジャレコさん、本当に作りが丁寧なんだよなぁ。なんで、後年、あんな事に。

『ストリートファイター リアルバトル オン フィルム』[SS]、実写取り込みの格闘ゲーム、まさか当時、ストⅡを実写化するとは思いませんでした。

・・・んっ、普通にCPU戦楽しみたかったのですが、ヴァン・ダムさん演じる「ガイル」のみのモードへ行ってしまった。

ゲージ溜まると必殺技が自動&ゲージ消費超必使わない限り、EXというかパワーアップ版になるのは、マズイだろ。

ソニック二連発・・・ラスボス前までは、楽させて頂きました。

 『コットン2』[SS]、こっちは4MBではない拡張利用か。えっ、差さっているか判別できないのは困るなぁ、と思ったらタイトル画面左上に通知がでるのか、助かった。

セガサターン、本当にカートリッジの接触、どうにかならなかったのかね。

コマンド入力ショット、レベルアップ/ダウンがあるシューティングゲームです。

グラフィック良し、多関節で動く敵、各ステージの大ボスが、本当にいい感じです!!。

『ぷよぷよSUN』[SS]、漫才は良くなったのですが、本当に「ガッカリ」なシステムを導入したなぁ。

太陽ぷよの影響で、連鎖を組む楽しさが損なわれてしまう。。。そこを壊して/喪失してどうするんだよ、本パズルゲームの面白さを前作から新ルールで潰してしまっています。

 今回、NEOGEOを大分プレイしましたが、(いつものではないのですが、大分久しぶりでもない)通電目的です。

『ロボアーミー』[NEOGEO・ROM]、横スクロール(場面によっては縦もあるけど)のアクションゲームです。

バギーに変身して、やっつけたロボット犬の骨、またはロボットの腕を武器にして、また演出面なども面白い作品なのですが、如何せん、ちょっとボス戦は「えっ、どう避ければ」とイライラする作品です。

『ライティングヒーロー』[NEOGEO・ROM]、バイクゲームです。ストーリーモードがメインなのですが、今回は通電目的なので直レースのモードへ。

大分、腕が・・・一回はクリアしているはずなんだけどなぁ。

『あしたのジョー伝説』[NEOGEO・ROM]、ボクシング、アクションゲームです。

偶数ステージの試合会場(奇数は路上などのファイト)での「KOシーンのモニタ表示」は少し光った演出ですが、もう少しグラフィックと肝心のボクシング部分、何とかして欲しかった。

『ワールドヒーローズ2 JET』[NEOGEO・ROM]、「マッスルパワー」で1回戦敗退。続いて初代『ワールドヒーローズ』[NEOGEO・ROM]を同キャラで。こっちはノーコンティニュー(1ミスのみ)でクリアでエンディング。まあ、初期はCPUがね。。。

あと、ガード後一回転で反撃できるので、危なげなく勝利。(まだ、当たり判定や操作感が微妙な頃。ボーナスステージで強く、その辺の作り込みの甘さが。。。)

『幕末浪漫 月華の剣士』[NEOGEO・ROM]、続編もここ最近、プレイしていないなぁ。「雪」(剣質・力)にてプレイ、「武蔵」に敗退です。

昇華や潜在、そして1ボタン弾き・・・十分、楽しめる作品です。

『わくわく7』[NEOGEO・ROM]、「まるるん(デルバーニャ・ポラポタ)」でプレイ。システムも程よくあり、何より目が楽しい作品です。

『バーニングファイト』[NEOGEO・ROM]、横スクロールアクション、前述の『ロボアーミー』をプレイすると、こっちは当たり判定や効果音というか"重さ"をもう少し何とかしてくれ、と言いたい作品です。(『ロボ~』は、効果音と挙動?が影響しているのか、一発一発に"重さ"が感じられて良かった。)

『ザ・キング・オブ・ファイターズ95』[NEOGEO・ROM]、女性格闘家チーム(舞・キング・ユリ)でプレイ。体力、あっという間になくなるなぁ。

『真サムライスピリッツ』[NEOGEO・ROM]、「十兵衛」でプレイ。「心眼」狙って、狙ってっと。ダッシュ、バックステップ、そして退き込みこみダッシュ、前転後転に伏せと。弾き(コマンド・武器/素手両方可)もあり、システム的にはFULL・FULL。

まだまだやれる事は一杯あるんだなぁ。

『ソニックウィングス3』[NEOGEO・ROM]、シューティング、普段、使用していないキャラでプレイしてみました。。。うぁ、攻撃方法に特徴がある機体だったか、扱いが難しい。

さて、Phantom-1を出して、普段プレイしていないMVSカートリッジを。パズルゲーム、多いなぁ。

『ぱにっくボンバー』[NEOGEO・MVS]、ルールは分かっている「縦・横・斜め3つ」。消すと下から爆弾がせり上がって、発火爆弾が落ちてきたら、爆弾が多い場所へ動かして・・・ドカン。

発火爆弾が自分の任意・・・でない所が、なんとかく"自発的に消している"感がなくて、楽しめないのかな。

『雀神伝説』[NEOGEO・MVS]、麻雀ゲーム、RPG風とういか攻撃(連打で良いツモ)、防除(相手の牌が見える)とアイテムも使えて、勝つと相手が、負けると自分が─の作品です。(攻撃・防御は確か装備で回数が・・・だったか。)

『マジカルドロップ2』[NEOGEO・MVS]、こちらは『~3』があるので、本当にプレイしていない。

『パズルボブル』[NEOGEO・MVS]、パズルゲーム、こちらも落ち物と違って、予め「お題」が決まっている点が、ルールは面白いのだけど私は嵌らない原因なのかな。

『キャプテン トマディ』[NEOGEO・MVS]、まず見た目で吃驚するシューティングゲームです。近年、VISCO系だからか家庭用ROM化されたのは更に吃驚。左右パンチ、2ボタンショットという点が、操作に慣れが必要で難しい。ただでさえ、シューティング得意ではないのに。

『ぐるりん』[NEOGEO・MVS]、三人(魔法使いやら、ファンタジーキャラ)同キャラが揃ったら勇者になって消える、落ちてくるキャラ三人ではなく、落ちた場所(舞台)を回転させる・・・なんで!?のパズルゲームです。

考えを難しくすればパズルは面白い・・・ではない、事が分かる作品です。流石に、ここまで来ると「もう運に頼るしか」状態。

『ポチッとにゃ~』[NEOGEO・MVS]、繫げて分岐をできるだけ作って、発火のパズルゲームです。

発火を自身で制御できるので、前述の『ぱにっく~』より楽しめ、キャラも良い作品です。久しぶりにプレイすると、過去の栄光からの脱却、そして"考えたんだろうなぁ"がとても感じられる作品で、好感が持てます。

『SUPER BUBBLE POP』[NEOGEO・MVS]、他のMVSカートリッジと異なり「▼」マークがない、でも動きはする作品です。。

Phantom-1->家庭用NEOGEO(AES)との相性問題かもしれませんが、音・雑音が入る点が・・・。まあ、プレイできるけど、ちょっと楽しめないかな。

パズルゲーム、同じ色の球を送出して、揃える・・・がルールでしょうか。

『パズル de ポン!』[NEOGEO・MVS]、『パズルボブル』に落とす星座プレートを加えた版。『パズル~』の好感度は前述の通りなので、本作もまあ、プレイ率が低い、低い。

『プレヒストリックアイル2 原始島』[NEOGEO・MVS]、前回PSPで『SNK~0』での初代プレイ感想で、『~2』はダメだ~と記載しましたが、あれっ、憶えていたより面白く、演出も良いなぁ。

自機がヘリでレスキュー/防衛イベント有、そして結果に応じてアイテム・・・なかなか良いシステム/工夫ですが、もう一つ何か欲しかったかな。

『ナイトメア・イン・ザ・ダーク』[NEOGEO・MVS]、墓守さんが墓に現れる化け物に炎を複数回、当てて火の球にして転がし(巻き込み有)退治するアクションゲームです。

1ステージ、5面構成で最終面でボスキャラと対決。各面、固定で段差ありステージで戦う作品です。

(同じNEOGEO・MVS『ズパパ!』を例に挙げても、分からないよね。)

『作戦名ラグナロク』[NEOGEO・MVS]、音楽が良いシューティング、あまり敵が代わり映えしないけど、このノリノリ音楽の為だけに進みたいと思ってしまう。

 最後は、普通のROMに戻ります。『ザ・キング・オブ・ファイターズ2001』[NEOGEO・ROM]、舞・キング・ユリでプレイ。

『サムライスピリッツ天草降臨』[NEOGEO・ROM]、羅刹「骸羅」でプレイ。「円心殺」が使えないとね。

『ニンジャコマンドー』[NEOGEO・ROM]、「レイア・ドラゴン」でプレイ、字幕といい変身といい、弾けたなぁ。

『龍虎の拳』[NEOGEO・ROM]、「リョウ」でプレイ、「Mr.BIG」に勝てないか。。。まあ、久しぶりだものね。

『餓狼伝説』[NEOGEO・ROM]、「テリー」でプレイ、あれっ「ダック」が画面上下を高速で・・・戻った、バグか。

『ティンクルスタースプライツ』[NEOGEO・ROM]、対戦シューティング、敵キャラ最大耐久度5で「紫->青->緑->黄->赤」で色が変わり、連爆やり取りにより返し弾やエキストラアタック、果てはボスキャラも送り込む、声と絵も楽しい作品です。

『超鉄ブリキンガー』[NEOGEO・ROM]、鉄臭い、そして機体達のコントではないけど演出が何故かクスッとくるシューティングゲームです。

本作、うまくなりたいなぁ、分岐もあるし、色々もっともっと進めて行きたい。

『キング・オブ・モンスターズ』[NEOGEO・ROM]、怪獣同士のプロレスゲーム。大味過ぎますが、BGMが癖になる、癖になる。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『女子大生会計士の事件簿 DX.6 ラストダンスは私に』読破 | トップページ | 【映画】『ハドソン川の奇跡』を見た »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【書籍】『女子大生会計士の事件簿 DX.6 ラストダンスは私に』読破 | トップページ | 【映画】『ハドソン川の奇跡』を見た »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

リンク