« 【ゲーム】PS、PS2、そしてPSPとNEOGEOで締め | トップページ | 【映画】『ワイルド・スピード SKY MISSION』を見た »

2021年10月23日 (土)

【書籍】『狂気の山脈にて クトゥルー神話傑作選』読破

 「H・P・ラヴクラフト」著、まさに伝説─怪奇小説です。

~本でなければ、手記や口述の形式でなければ、この怖さは味わえない・・・~

クトゥルー神話を"モチーフ"にした作品は多数あれど、流石に映像化はできない・・・。

視覚では感じる事のできない、この読んでいてゾクゾクする感が、本作がここまで語り継がれている作品の証明です。

推理小説でもホラーでも、本当は"明確な解決というか解明"がないと、どうにも納得がいかない性分なのですが、何故だろう、本作は許容できる。。。

それだけ、作品内に漂う雰囲気に説得感があるんだろうなぁ。

 本当に吃驚しました。

以前に『インスマスの影 クトゥルー神話傑作選』が予想以上に良かった事から、今回も手を伸ばしたのですが、予想を違わない面白さを提供してくれました。

・ランドルフ・カーターの陳述

・ピックマンのモデル

・エーリッヒ・ツァンの音楽

・猟犬

・ダゴン

・祝祭

・狂気の山脈にて

・時間からの影

表題の「狂気の山脈にて」が中編、一番長くて、そしても読み応え、ブルブル感が堪らない作品です。

次に「時間からの影」も少し長く、後は短いながらも、やはり印象に残る怪奇、怪奇作品です。

(記:スッタコ小僧)

« 【ゲーム】PS、PS2、そしてPSPとNEOGEOで締め | トップページ | 【映画】『ワイルド・スピード SKY MISSION』を見た »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【ゲーム】PS、PS2、そしてPSPとNEOGEOで締め | トップページ | 【映画】『ワイルド・スピード SKY MISSION』を見た »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

リンク