« 【映画】『エージェント:ライアン』を見た | トップページ | 【映画】『サバイバー』再見 »

2021年9月25日 (土)

【書籍】『エラリー・クイーンの新冒険』読破

 「エラリー・クィーン」著、父親に警視を持ち、その論理的な推理より犯人を追い詰める小説家・名探偵「エラリー・クイーン」が活躍する中短編集、本格推理小説です。

~収録作で一番長い「神の灯」は、既に類似の他作品を読んでしまった影響か、驚きは少なかった。でも、その他の犯人当て->絞りは、とても面白かったです。~

やっぱり著者には大掛かりというか、トリック系の謎は似合わないのかな。

「神の灯」は"消失"系ですが、神秘的・不可思議系の展開は、「エラリー」探偵シリーズでは問題提起部分を読んでいても、何か居心地が悪い。

・神の灯

 知り合いの弁護士の急な依頼にて呼び出され、道路を挟んで向かい合う黒い家と白い家に向かったエラリー。

 そこで翌朝に遭遇した不可思議な現象とは。

・宝捜しの冒険

 盗難されたネックレスを館と外で大捜索・・・果たして、宝の場所は。

・がらんどう竜の冒険

 ドアストッパー紛失から発覚した主人失踪の真相とは・・・。

・暗黒の家の冒険

 遊園地の暗闇迷宮での殺人。事件があった際に迷宮内にいた面々より、エラリー、犯人を絞り込む。

・血をふく肖像画の冒険

 不貞を働くと血が流れるという伝説がある肖像画。伝説再現なるか。。。

・人間が犬を嚙む

 野球場が舞台、大舞台を観戦に来ていた四角関係の元野球選手とその妻、そしてそれぞれの連れ。

 エラリーの恋人パリスの予感は当たり、やがて事件が。。。

・大穴

 競馬場が舞台、突然の事件、そしてその動機と真相とは。

・正気にかえる

 ボクシングタイトルマッチが舞台、刺殺された死体、暑いのに不要と思われた盗まれたコートから、エラリーが辿り着く犯人とは。

・トロイの木馬

 アメリカンフットボール場が舞台、盗まれた宝石の行方は。

後半のスポーツシリーズ、エラリーの恋人「ポーラ・パリス」が印象的でした。

登場作を読んでいないのか、忘れているのか、本シリーズに恋愛/ロマンス要素が混ざっているのが、とても意外─でも、悪くないです。

(記:スッタコ小僧)

« 【映画】『エージェント:ライアン』を見た | トップページ | 【映画】『サバイバー』再見 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【映画】『エージェント:ライアン』を見た | トップページ | 【映画】『サバイバー』再見 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク