« 【ゲーム】PC、PS、そしてNGP!?をプレイ | トップページ | 【ゲーム】XBOX360、PS、そしてNGPをプレイ »

2021年9月19日 (日)

【書籍】『京都東山 美術館と夜のアート』読破

 「高井忍」著、表題作から始まる連作ミステリーです。

~うーん、美術館、または美術関係の蘊蓄、または"ちなんだ"謎とトリックを多く楽しめると思ったのになぁ。。。~

思い返すと伏線などしっかりしているし、過去に扱われた美術ネタも一捻りしているけど─やはり、物足りな過ぎる、本作が美術背景ミステリに初めて触れる作品だったら・・・でも、それだと少し導入には敷居が高い気もするし。

 とにかく、もう「写楽、誰?」ミステリを持ってくるのはやめて欲しかった。

まあ、連作の次で別観点を持ってきて、私には新たな知識を与えてくれたのですが、どうなんだろう、当初、思っていたより得るモノが少なかったような。

 以前読んだ『不良品探偵』に続き、文庫本表紙のイラストからは手を伸ばしにくいなぁ、でも創元推理文庫だし、国内のミステリ状況を把握しておきたいしなぁ─で読んだのですが、残念ながら本作は予想を超えてくれませんでした。

~~~~

美術関係の仕事に就きたい・・・学芸員の門は狭く、それでも美術に近い所で市立美術館の警備員として働きだした「神戸静河」。

夜間警備、そして展示物、過去の事件話、昔の友人に纏わる事件に遭遇する。

~~~~

〇美術館と夜のアート

 夜間、美術館の外を照明で飾るおじさんの正体とは。。。

〇宝船のイースト・ミーツ・ウエスト

 個人のコレクションに纏わる展示物の中に、幻の一品!?

〇御神刀リータンズ

 戦争後、没収されたお寺の御神刀が数十年ぶりに見つかった!?。

〇スウィフティー画談

 本当の謎に包まれた浮世絵師、「翠釜亭(すいふてい)」に迫る。

表題作はともかく、他の作品は内容を考えるとちょっと長いなぁ。

美術背景、時代背景を説明するのに必要なのは分かるのですが、単純な「お話」「会話」形式をとっているだけに読み進めるのがダレてくるのは否めない。

美術を知らない人も楽しめる─にしては、浮世絵関係の比率が高いし、ちょっと今まで描かれていない方面、または描かれていても別口で・・・を目指した結果、ターゲットが合う作品と大きく外れる作品が混在しており、感想に苦しみます。

(記:スッタコ小僧)

 

« 【ゲーム】PC、PS、そしてNGP!?をプレイ | トップページ | 【ゲーム】XBOX360、PS、そしてNGPをプレイ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【ゲーム】PC、PS、そしてNGP!?をプレイ | トップページ | 【ゲーム】XBOX360、PS、そしてNGPをプレイ »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク