« 【書籍】『ベスト・アメリカン・短編ミステリ2014』読破 | トップページ | 【映画】『ギフト』再見 »

2021年8月 8日 (日)

【書籍】『西一番街ブラックバイト 池袋ウエストゲートパークXII』読破

 「石田衣良」著、果物屋兼池袋のトラブル解決屋「マコト」、Gボーイズを率いるキング「タカシ」─街に蔓延る問題に立ち向かう中編ミステリです。

本作までシリーズ作品は読んでいるはずだけど、感想記事を確認すると大分、抜けているなぁ。

アニメ化された時、アニメを見て再びシリーズを読む気分が盛り上がるかと思ったのですが、見たアニメの内容が全く記憶および自身の想像と違っていて、見続ける事でできなかった。。。(一話切り)

その後、まあ、タイミングが合ったらと手に取るかと思っていたレベルなので、あまり期待はしていなかったのですが、やっぱり面白いなぁ、この作品。

本シリーズドラマは全く見ておらず、著者が深夜のバラエティ?、ゲームかクイズを実施しているのをまず見ました。

偏見でどうしてもテレビの方に露出多く出る小説家に印象が悪くなるのか、その影響で一層、本シリーズに入るのが遅くなっていた記憶があります。(どうもミーハーは・・・とか思っていたんだろうなぁ、当時は。)

でも、小説を読み始めたら面白く、今回の第十二作目も長く続くと面白さも激減してしまうのでは─と懸念ありで読み始めたのですが、どの中編も面白い、凄いなぁ。

・西池第二スクールキャラリー

 昔の同級生から、現代アートが壊される事件の解決依頼。

 少子化による学校事情、色々移り変わる現代アートと、現代ペースで進む所が良いですね、本シリーズ。

・ユーチューバー@芸術劇場

 ユーチューバー間のトラブル解決依頼、巨大プラットフォームと化した動画配信サイトの実情を絡めつつ、事件が進む。

・立教通り整形シンジゲート

 整形問題か。本当、昔と変わったなぁ。

・西一番街ブラックバイト

 確かに安いのは嬉しいけど、その裏には・・・。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『ベスト・アメリカン・短編ミステリ2014』読破 | トップページ | 【映画】『ギフト』再見 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【書籍】『ベスト・アメリカン・短編ミステリ2014』読破 | トップページ | 【映画】『ギフト』再見 »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

リンク