« 【映画】『アサシン クリード』を見た | トップページ | 【映画】『デス・ショット』を見た »

2021年7月17日 (土)

【書籍】『今昔百鬼拾遺 河童』読破

 「京極夏彦」著、学生「呉美由紀」と記者「中禅寺敦子」コンビが活躍する現代の"妖怪"退治・・・怪事件解決ミステリです。

~もう少し、妖怪蘊蓄が欲しいなぁ、やっぱり。~

今回、研究者「多々良」先生も折角登場しているのに、"ライト(軽め)"を狙ったシリーズなのでしょうか、私的には当該成分が不足していると感じました。

事件の内容も水死体、ズボンを切られて・・・以外は無理矢理「河童」に紐づけたみたいで。

でも、近代の問題に結び付けて、記憶と問題を風化させない点は良かったです。

「天狗」「鬼」「河童」と本シリーズは妖怪の有名どころを題した作品が多かっただけに、各妖怪について今まで知らなかった知識、蘊蓄を期待していたのですが、まあ著者以外にも色々な作品に触れていた影響か、その点での満足は得られなかったのは少し残念かな。

(記:スッタコ小僧)

« 【映画】『アサシン クリード』を見た | トップページ | 【映画】『デス・ショット』を見た »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【映画】『アサシン クリード』を見た | トップページ | 【映画】『デス・ショット』を見た »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

リンク