« 【書籍】『ナイトフライヤー』読破 | トップページ | 【書籍】『今昔百鬼拾遺 鬼』読破 »

2021年7月17日 (土)

【映画】『ピーターラビット』を見た

 「ウィル・グラック」監督、名前は聞いた事はあるけど元は絵本なのか、動物達大暴れのアニマル・コメディ作品です。

~いやぁ、この手の作品で映像技術の発達の凄さを感じるとは、意外。~

最近の大作SF映画視聴が遅くなっている点も影響しているかもしれませんが、いやぁ、今の映像技術って凄いなぁ。

 本当に"まるで"そこにいて、本当に生きているみたい、実写と見紛うばかりです。

まあ、正直"動物系"作品と見ていなかっただけかもしれませんが。でも、『ジュラシック~』シリーズは最新作含め、見ているしなぁ。

やはりそれだけ演出、映像?、視点がうまいのでしょうか。

 見始める当初は、嵌るジャンルではないし、ミュージカルもどきやちょっと乗れないジョーク的な展開に不安満載だったのですが、面白かったです、続編が作られた理由が分かりました。

 原作を知らないので映画独自演出/性格付けだったら申し訳ないのですが、前述の"ブラック"ジョーク感が満載で"ほのぼの"系に走っていないのが、歳をとった私でも楽しめたのかな。

~~~

 ウサギの「ピーターラビット」とその仲間達。かつて皆のモノだった畑を囲い、独り占めしていた「マグレガー 」お爺さんが長年の不摂生で亡くなったと思ったら・・・新たな隣人登場。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『ナイトフライヤー』読破 | トップページ | 【書籍】『今昔百鬼拾遺 鬼』読破 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【書籍】『ナイトフライヤー』読破 | トップページ | 【書籍】『今昔百鬼拾遺 鬼』読破 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク