« 【映画】『イントゥ・ザ・ブルー』を見た | トップページ | 【書籍】『ベスト・アメリカン・短編ミステリ2014』読破 »

2021年7月26日 (月)

【ゲーム】XBOX、SS、XBOX360、NEOGEOをプレイ。うーんPS系プレイ率低し。

 使い勝手か映像か、D端子->FRAMEMEISTERではなくXBOX専用のHDMI変換を使ってします。

久しぶりに他と比較すると馬鹿デカいハードを出してプレイです。

『MURAKUMO』[XBOX]、「FROM SOFTWARE」さんのロボットアクションです。

読んだ批評で一方通行の鬼ごっこアクションで、『アーマドコア』シリーズでの手腕から期待していた内容と違った・・・との評価からあまり期待してプレイはしなかったのですが、私的には映像は綺麗だし、それなりに楽しめる作品でした。

 確かに飛び回るや、戦闘にしても他作品と比較するとロックオン、撃墜の面白さ?楽しさといった点が薄い気がしますが、参入第一弾としては十分に良く出来ているのではと思ってしまいました。

まあ、3Dの最近の作品(もうXBOXは最近ではないのですが)については触れている、プレイしている経験が薄いので私の評価はあまり当てにならないですが。

さて次は、XBOX360で続編、PSPの続編版も所持、VITAで3作目も所持している『DEAD OR ALIVE Xtreme Beach Volleyball』[XBOX]をプレイです。

続編、最新作を持っているのにこの手のジャンルを律儀に第一作目からプレイしなくても・・・とは思っているのですが、XBOX発売当時、恥ずかしながら本作だけはとても気になっていました。

どこの店か忘れましたが、大きなパネルなど置いて随分、宣伝していたような記憶もあります。PS2で全キャラ・全コスチューム、マイナーチェンジのハード・コア版発売にムカッとしつつも購入し大分プレイしました。

もちろんSSでの第一作目の出来に吃驚、そこから嵌った口です。

今では、もう着いて行けなくなってますが、持っている機種で手に入る物は格闘の方も手に入れてます、いつかクリアしようと。

XBOX『DEAD OR ALIVE 1/2 Ultimate』をXBOX360でプレイしているのですが、周辺機器のスティックが合わないのかプレイが止まっています。

つい最近ではVITAはパッドコントローラプレイになるから、パッドプレイに切り替えているのですが、SS・PS2がスティックだっただけに切り替えが大変・・・もう歳だしね。

さて『DEAD OR ALIVE Xtreme Beach Volleyball』に戻りますが、うーん、ボタンのアナログ入力?、押す"強さ"で強弱が即プレイでは慣れず、苦戦です。

やり込めば慣れてくるのでしょうが、そんなに時間が・・・。コントローラーの基本操作部分で苦労させられるのは正直、辛すぎる。

次は「セガサターン(SS)」です。

『~ホーリィ・アーク』をクリアしたので始めた『シャイニング・フォースⅢ シナリオ1 王都の巨神』[SS]、シミュレーションRPGをプレイ中。

今回、始める前に一回、手をつけた事があったのですが、3Dの粗い映像に「えっ」となり続け慣れなかった作品です。

でも今度はシャイニングシリーズを経験した結果でしょうか、楽しめている自分がいます、そして続き続きを・・・と。

ただ、ちょっと厳し目の作品だなぁ。良く聞くリセット/やり直し多発『ファイヤーエンブレム』シリーズをまともにプレイした事がないからでしょうか、色々なシチュエーションや展開があって面白いのですが、戦いが厳しい、厳しい。

それとも犠牲(死亡者)を出さずに勝とうとするのが、この手のシミュレーション系をプレイする時、考えが鬼門なのでしょうか。

リセット率が多い作品となっています、戦闘途中に突然、現れる敵、連戦・・・ちょっとやり直して体制を─という展開が多くなってしまって、ストーリーの進行が遅くなってきました。

ただ、こう1ステージで試行錯誤するのが楽しいジャンルなんでしょう、自分の作戦や目論見が嵌った時など。

『デザイア』[SS]、アドベンチャーゲームです。今のゲーム映像、ほぼアニメと同レベルと収録できる最新ハードとは比べるべくもないですが、当時の、SSハードでのアニメ系表現の進化には吃驚です。

とても映像と合っていて、まだストーリーに大きな展開がない序盤ですが、楽しめています。PSの方で始めた『EVE The Fatal Attraction』[PS]の方は、PSOne起動自体が減っている点も影響していますが、そもそも画面選択形式になった事で次へのフラグ、選択が分かりづらく、イライラ・・・。

久しぶりに横シューティング、戦闘機とロボットに変形できる・・・まるで「マクロス」の『ハイパーデュエル』[SS]をプレイしました。

アーケードとは別にセガサターン向けにグラフィックを大幅に強化した版も入っている点、比べてみると確かに凄く良くなっている・・・家庭用向けにただの移植に留まらず、パワーアップさせてくる点、楽しいですね。

『ときめきメモリアル対戦ぱずるだま』[SS]、鏡さんでやっとストーリーモードをクリアです。

ラスボスで負けると一発バッドエンドとなる点がつらい・・・。まあ、ラスボスよりその前の中ボス二人にコンティニュー地獄を味あわされるのですが。

鏡さん以外でも詩織、清川さん、片桐さんで辿り着いてはいるのですが、バッド、バッドエンドの嵐。。。まあ、でも楽しいパズルゲームですね。

『ダークハンター(下)妖魔の森』[SS]、英語お勉強のアドベンチャーゲームです。ガンシューティングもどきのミニゲームは挟まるのですが、一直線のアドベンチャー、若干、読み込みがキツイものの、まあ見れるアニメ映像(止め絵、口パクのみ多いですが)で進められる作品です。

『アイドル麻雀 ファイナルロマンス4』[SS]、セーブ、町を探索し対戦者とアイテム屋寄りがある麻雀ゲームです。

"禁"ではないので大人し目ですが、まあ、今ではそれが懐かしいというか、貴重かな。

XBOX360で『プロントミッション エボルヴ』[XBOX360]。PSでシリーズ1-3があるので、本作プレイはまだまだ先となる予定でしたが、とりあえず更新目的でプレイしてみました。

えっ、本シリーズはシミュレーションじゃなかったけ・・・ロボットアクション、FPSモノになっていました。

ロボット映像、ロックオン、近接攻撃、バーニアによるダッシュ・・・うん、ロボット操作としてやりたい事は揃っていて、操作も良い─だけど、これがシリーズに求められていた事?。

『ガンダム無双3』[XBOX360]、無双シリーズ、XBOXで本家の2をプレイしてみたけど、やはり馴染めないなぁ・・・。

なんでだろう、量産型とは言え、ここまで雑魚扱いされてしまうのが駄目なのでしょうか。

セルアニメ調の機体は、まあ可もなく不可もない表現。パートナーを呼び出した時やゲージを使った必殺技ですか、確かに爽快感はあるけど。

また、単にワラワラ敵を倒すのではなく拠点制圧や、カタパルトでの移動、オープンされていくパイロットやオペレータなど色々と続けさせよう、長く楽しめるようにと考えられているのは好感を持ちましたが、やっぱり何か違う・・・。

『ランブルローズ ダブルエックス』[XBOX360]、女子プロレスゲームです。

PS2の初代は全キャラクリアするほどプレイしました、『DOA』シリーズといい、私って単純だなぁとつくづく思いました。

XBOX360を所持していなかった頃、プレイしないなぁ、と思っていた作品でしたが、ハードを手に入れプレイして見ると・・・えっ、何か期待と違うなぁ、でプレイしていなかった作品です。

今回、じっくり腰を据えてプレイしてみるか、で「零子」でチャンピオンまでプレイしました。(まあ、EASY設定ですけど。)

過去の記憶よりは悪くありませんでした、でもやはり「狙った点が露骨過ぎ」なのかな。何だろう、確かに期待していた事を"やり切った"感はあるのですが、やり過ぎてるのかな・・・まあ、淑やかさも必要だ、という事です。

最後にNEOGEOをプレイです。他ハードはUSB電源イヤホンジャック付のBluetooth、ウェアラブルイヤホン->TV接続でプレイですが、NEOGEOを本体のイヤホンジャックからヘッドホン接続でプレイしています。

電源を確保すれば同様にプレイできるのですが、やっぱり何か音ズレが気になるのか、ヘッドホンで聞きたいのか。

『NAM-1975』[NEOGEO・ROM]、レバーで兵士と照準を操作するアクションゲームです。

久しぶりにプレイすると意外と頻繁にプレイしている時期よりもノーミスで進めるのが謎。飛行機戦は、端に安全地帯があるのか。

『餓狼伝説SPECIAL』[NEOGEO・ROM]、「ローレンス」でプレイ、超必に拘るばかり、あっけなく「ダック」に敗退です。

やはり格闘系は連続技練習、コマンド練習してから、本戦だね。できるとできないでは、楽しみ、面白さが違う、焦って出せないとストレスだけが溜まる。

『幕末浪漫第二幕 月下の剣士~月に咲く華、散りゆく花~』[NEOGEO・ROM]、「嘉神」でプレイ・・・弾きなど、もう少しシステムと目押し?の連続技が確実に出せるようになると楽しめるとは思うのですが、こちらも練習要だなぁ。

『パルスター』[NEOGEO・ROM]、復活が難しいシューティングゲーム、撃墜されると復活地点が決まっている他、パワーアップが全て剥ぎ取られるのがキツイ。

『マジカルドロップⅢ』[NEOGEO・ROM]、複数のキャラで今回、色々とプレイしてみました。ステージ間デモは見所はありませんが、対局中、連鎖時のアクションや勝利、負けアクションが各キャラ個性的で、やっぱり珠玉のパズルゲームの一つです。

『メタルスラッグ』[NEOGEO・ROM]、集中力が切れている時にプレイすると、本当、ミス続き。それでも、プレイしていて飽きないなぁ。

『サムライスピリッツ零SPECIAL』[NEOGEO・ROM、修正版]、今デバッグではない本体使っているので、修正版の方をプレイ、「ミヅキ」使用です。

前作から「無の境地」、おお、良くシステム化した・・・と評価しつつも、あまり結局、あまりプレイせず、楽しんでいなかった零シリーズ。

まあ、のんびり、じっくり楽しんでいこうと思います。

(記:スッタコ小僧)

« 【映画】『イントゥ・ザ・ブルー』を見た | トップページ | 【書籍】『ベスト・アメリカン・短編ミステリ2014』読破 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【映画】『イントゥ・ザ・ブルー』を見た | トップページ | 【書籍】『ベスト・アメリカン・短編ミステリ2014』読破 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

リンク