« 【映画】『フライトナイト/恐怖の夜』を見た | トップページ | 【書籍】『今昔百鬼拾遺 天狗』読破 »

2021年7月 4日 (日)

【映画】『バリー・シール アメリカをはめた男』を見た

 「ダグ・リーマン」監督、「トム・クルーズ」主演の実話、サスペンス映画です。

~正直、「トム・クルーズ」主演でなかったら見ていなかった作品です。~

まあ、こう言った実話モノはある程度、事件の内容および概要を知らないとキツイですね。

その事件をリアルタイムorその後のテレビ特集などで知っていれば更に楽しめる作品なのかと思いますが、日本人の私には厳しかったです。

映画内の「バリー」も残したビデオの中で話していたけど、「確かにアメリカって色々な意味で凄いなぁ」とは感じました。

 土地の広さだけでなく、本当に"世界は広いなぁ"と思いました。

全く話は変わりますが、ここ最近、映画のテレビ放送が充実している。

2度目のテレビに繋いでいたハードディスク消失(=録画消失)を食らった事から、テレビに繋いでいるハードディスクの録画消化は早め、早めにするようになりました。

レコーダーの方は本体、またUSBで繋いでいる録画は大丈夫なのですが。ただ、本体の方はタイムシフト録画がまともに録画できないので、普通の録画だけの利用となってます。

テレビに繋いでいたUSBハードディスクの方は、どっちが悪いのだろうなぁ。ハードディスク、2回続けて同じメーカー使ったのですが、でも考えると録画(番組)数が多すぎたのかな、全く消化せずに大量に録画したままの状態だったので。

最初の時は、過去の古い録画を見てその録画を消したら、他の録画が全て正しく認識されないようになり、破棄。

次は録画一覧を表示させるにも長時間、各操作も操作する度にフリーズ状態になってしまうので、泣く泣く録画を諦めました。

対象テレビ、時々、「録画できない番組です」で録画失敗する事があるので、絶対見たい作品はレコーダー側、または両方で録画していたので、まあ、精神的ダメージは少なかったのですが。。。

(記:スッタコ小僧)

« 【映画】『フライトナイト/恐怖の夜』を見た | トップページ | 【書籍】『今昔百鬼拾遺 天狗』読破 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【映画】『フライトナイト/恐怖の夜』を見た | トップページ | 【書籍】『今昔百鬼拾遺 天狗』読破 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク