« 【書籍】『殺人鬼フジコの衝動』読破 | トップページ | 【映画】『アントマン』を見た »

2021年6月12日 (土)

【書籍】『鳥の歌いまは絶え』読破

 「ケイト・ウィルヘルム」著の人類が衰退、そして・・・を描いたSF小説です。

それにしても外国の女性作家さんは、諸々表現が"ドギツい"事があり、吃驚します。

本作、あらすじの「核戦争により人類衰退、クローンの台頭と対立」との記載から、色々賞を受賞しているけど、SFだとここ最近だと「宇宙艦隊」モノに惹きつけられている私には読みづらいかな─と思ったのですが、そんな事ありませんでした。

そんな派手派手の展開ではなく、どちらかというと地味に淡々と描かれているのですが、なんだろう情景か、人・クローン・そして・・・視点として描かれている人物に共感?するのか、あれよあれよと読み進めてしまいました。

通常であれば、タイトルからは手に取らなかった本作、良かったなぁ、色々手に取り読み始めるようになって。

まだまだ色々な作品に会える、しかも昔の作品でこれでは。

~いやぁ、読書人生はまだまだ続く、果てしないなぁ。(嬉しいけど)~

-----

核戦争、そして出産率低下・・・このままでは人類絶命の未来を予測した一族が、その運命回避に選んだ技術・・・それは「クローン」。

危機を回避するも、増え続けたクローン達には本来の人類にはない特徴が・・・。

その違いにより、やがて巻き起こる対立、複数世代に渡る物語の開幕です。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『殺人鬼フジコの衝動』読破 | トップページ | 【映画】『アントマン』を見た »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【書籍】『殺人鬼フジコの衝動』読破 | トップページ | 【映画】『アントマン』を見た »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

リンク