« 【映画】『キス&キル』再見 | トップページ | 【映画】『ジョーズ2』再見 »

2021年6月21日 (月)

【書籍】『イニシエーション・ラブ』読破

 「乾くるみ」著、甘酸っぱく・苦い恋愛小説─いやいや伏線が光るミステリー小説でもある作品です。

なるほど確かに再読したくなる作品、思い返すと色々な伏線が浮かび上がり、確かに凄いですね。

いやぁ、サイドAは恋愛って良いなぁ、いいなぁとの感想。サイドBは、あ~あ、と少し悲しい展開。

でも最終的には良い恋愛小説だったなぁと思ったが、「んっ、再読必至ってどこら辺だろう」、あれ、この記憶/思い出が違うなぁ・・・と思い至ったら、はぁ、確かに"怖い"恋愛小説だわ。

恋愛部分など滅多に読まない内容だし、そしてミステリ好きには堪らない仕掛けもあるし、確かに傑作ミステリーと言われるだけの作品でした。

著者の作品は、メフィスト賞作品に拘っていた時代に『Jの神話』を読んでいて、当時もその内容には驚かされました。

その後、本作が騒がれていたのは知っていましたが、次に読んだのは『カラット探偵事務所~』で、意外と普通の作品だなぁと感じていたのですが、とある方面に弾けると圧倒的ですね。

通過の恋、タイトルに含まれた意味も、謎が分かると考え深いやら、はぁ、ため息しか出ないよ。

~~~~

 普段は滅多に参加しない合コンで知り合った女性。

その女性に恋した青年の軌跡、そして・・・。

(記:スッタコ小僧)

« 【映画】『キス&キル』再見 | トップページ | 【映画】『ジョーズ2』再見 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【映画】『キス&キル』再見 | トップページ | 【映画】『ジョーズ2』再見 »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

リンク