« 【書籍】『知りすぎた男』読破 | トップページ | 【ゲーム】SS複数、久しぶりPS2、DC、締めはNEOGEO »

2021年5月16日 (日)

【映画】『ネバーセイ・ネバーアゲイン』を見た

 「アーヴィン・カーシュナー」監督、初代ボンド「ショーン・コネリー」主演、ヒロイン?としては微妙だった展開位置に「キム・ベイシンガー」─ハリウッド版『007』シリーズの先駆け?でしょうか。

~思っていたよりも、しっかりしたアクション作品で吃驚しました。~

大袈裟なギミック、アクションは幾分控えめながら、『007』感が満載、また敵役の女性暗殺者を含め、楽しめました。

核弾頭が奪取され、ある場面を目撃したことから敵組織、そして捜索に乗り出す「ジェームズ・ボンド」。

水中戦多めでしたが、カー・バイク(・人単体で空飛ぶは余計)アクションなど、一通り揃っており、お年の影響か少しナンパ度は抑え目だった気がします。(それにしても、サメ、好きね。)

 今のアクションとは特撮や撮影技術も違う分、映像では比較できないとは思うのですが、何故だろう、見れる作品は見れるなぁ。

最近の作品でも、じっくり見られず、早回しで見てしまう作品が正直あるし。

見れるジャンルの幅も広がってきて、時間はないのですが、新旧含め、これかも色々見たいと思います。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『知りすぎた男』読破 | トップページ | 【ゲーム】SS複数、久しぶりPS2、DC、締めはNEOGEO »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【書籍】『知りすぎた男』読破 | トップページ | 【ゲーム】SS複数、久しぶりPS2、DC、締めはNEOGEO »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク