« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »

2021年4月

2021年4月25日 (日)

【ゲーム】NEOGEO⇒アップデート目的のXBOX360⇒NEOGEO

 『NAM-1975』[NEOGEO・ROM]、私が所持しているのは紙パッケージ版です。比較的、新し目のパッケージは透明のプラ部分について劣化が早いようで、そう考えると紙パッケージも捨てたものではないなぁ、とここ最近、感じました。

プラパッケージでも当初のビニールっぽいパッケージは劣化しずらいようですが。

『ダブルドラゴン』[NEOGEO・ROM]、「ビリー」でプレイしています。連続技でモリモリっと減らせると爽快感抜群、ただ中々CPU戦、進めず。

『オーバートップ』[NEOGEO・ROM]、見下ろし型のカーレースゲーム・・・タイムが厳しくなくある程度、進ませてくれる点、コロコロ変わる舞台や天候が色々と楽しめる作品です。

『得点王』[NEOGEO・ROM]、守備はBボタンタックルに勝機あり?。今までファールを恐れてあまり活用していなかったのですが、おおっ、ボロ負けしていた4回戦だっけ、何とか接戦にできるようになってきました。

『ベースボールスターズ2』[NEOGEO・ROM]、16回の延長戦で2本ホームランでやっと勝てました。

『闘婚─マチュリメレー─』[NEOGEO・ROM]、当て身技が使える「光」でプレイしています。EDのへなちょこ絵で若干、敬遠していた本作ですが、プレイ感は良くプレイ数が増えてきました。

『ファイターズ ヒストリー・ダイナマイト』[NEOGEO・ROM]、無骨ながら一発逆転が狙える弱点システム、しっかりした作品で「ヨンミー」クリアで頑張っています。

 アップデート目的でXBOX360のソフトの動作確認。そのうち幾つかはプレイしたのですが、アーケードスティックに入れ替えるなども面倒なので、格闘なども普段はあまり利用しないパッドでプレイ。

アーケードスティック向けにボタン配置を変更していた分、また変更するのが面倒だったなぁ。

XBOX360、時々、爆音がなるソフトと本体が熱くなる点がちょっと心配・・・。

『HALO4』[XBOX360]、『~2』が序盤で止まっているにも関わらず、とりあえず冒頭のみでプレイ。どうにもドンドンパチパチだけは合わないなぁ。

『ミストⅢ エグザイル』[XBOX]・・・突然、XBOX。一作目をプレイしてみようと思い、進化したⅢはどのようになっているのかと比較の意味で起動してみました。流石に映像が良いですね。

『ナムコミュージアム バーチャルアーケード』[XBOX360]、いちいちマイゲームに戻る作品があるのが面倒だなぁ。ゲームセンターっ子ではなかったので、思い入れのある作品はないのですが『ニューラリーX』『ゼビウス』など面白いですね。

『ローリングサンダー』、続けてクリアしたいと思いました。

『ネオジオ バトルコロシアム』[XBOX360]、ダウンロード版のハイレゾ仕様、PS2版も持っているのですが、流石にロード&グラフィックの観点からもこちらが良い。(NEOGEOでROMで出してくれていればなぁ。。。)

『黄金夢想曲X』[XBOX360]、PC版(確か2作品?)を持っているので購入したは良いけど結局PCも含めてプレイしていない作品です。

グラフィック良し、少し本腰入れてプレイしてみようかな。

『LEFT 4 DEAD2』[XBOX360]、一作目プレイしてから・・・いつになる事やら、とりあえずプレイ。ドンドンパチパチだが、迫力および緊迫感が堪らない、やはり題材が良いのか。凄いなゾンビは。

『オトメディウスG ゴージャス』[XBOX360]、ああそうか、これ『グラディウス』のパロディなのか。タイトルから気づかなかったよ、「吉田観音」さんの絵ばかりが目立って。

『天誅 千乱』[XBOX360]、PS1の一作目が止まったまま、色々進化しているなぁ。

『リッジレーサー6』[XBOX360]、ストレスが少なく、楽しめさせくれるカーゲーム、安定の面白さですね。

『ブレイブルーコンティニュアムシフトエクステンド』[XBOX360]、PC版で一作目は少しプレイしたかな、『ギルティ・ギア』系には嵌らなかった口なので、本作も少し触れただけ。

『アルティメット マーブルvs.カプコン3』[XBOX360]、独特のグラフィックを目指したのは良いが若干、見づらいと感じてしまう。

『バーンアウト パラダイス』[XBOX360]、凄いなぁ、クラッシュにこんなに焦点を当てる作品とは。評価が高い?『~3』をPS2版で遊ぼうと思っていたシリーズです。

『MORTAL KOMBAT vs DC UNIVERSE』[XBOX360]、いやぁ、まさにアメコミ、グラフィックが濃いなぁ。

『バーチャファイター5 ライブアリーナ』[XBOX360]、「サラ」にて、さらりとプレイ。そうだね、動かしていて、また見ていて・・・うーん、そうだね、特別な魅力がない。

『真・北斗無双』[XBOX360]、ちょっと敵多すぎないか、なんだろう、もう少しストーリー感と増して、雑魚敵との戦闘を減らして欲しかった。

『虫姫さまふたり』[XBOX360]、圧倒的な密度、弾および敵、これを普通にプレイしている人、凄いなぁ。
『フルオート』[XBOX360]、武器を搭載した車で爆走作品、狙った事は分かるのですが、運転席視点でスピード感など迫力が桁違いに感じされるようになったレースゲーム、"武器"、必要でしたか?。

『SAMURAI SHODOWN 閃』[XBOX360]、とある理由から海外版を購入したのですが、日本・本体では全く意味なかった事が判明し、またどうにもグラフィックも好きになれず、ほとんど触れてない作品です。

久しぶりにプレイしてみましたが、評価は変わらずでした。

『TABLE TENNIS』[XBOX360]、これは面白いですね、操作感も良い・・・評価が高い理由がすぐに感じ取れるスポーツ、珍しい卓球作品です。
『ストリートファイター×鉄拳』[XBOX360]、カポエラ「クリスティーナ」と「キャミィ」でプレイ。あれっ、攻略本に「クリスティーナ」の記載がない・・・家庭用専用キャラ?。
『ファントムブレイカー:エクストラ』[XBOX360]、キャラ選択・勝利画面絵は良いのですが、格闘ゲームにも拘らず肝心のゲーム絵との差が・・・。

『鉄拳タッグトーナメント2』[XBOX360]、初回プレイでもクリアさせてくれる所が良い部分でもあるのですが。なんだこのED、スタッフロールBGM。雑音?。階級(ランク)表示が画面を邪魔しています、折角の登場シーンなどが台無しです。

『ヴァンパイア リザレクション』[XBOX360]、PS2のコレクションを持っているので当初、全く入手するつもりがなかったのですが、何が違うのだろう、HD化でグラフィック良いのかなと・・・うーん、本作固有の良さ、メリットが分からん。

『DEAD OR ALIVE4』[XBOX360]、当初、造形が変わり違和感を感じた『~5』も慣れるとしっくりくるものですね。2~4作品の造形の方が違和感を感じるようになってきました。
『ソウルキャリバーⅣ』[XBOX360]、「カサンドラ」でプレイ、そしてクリア。ちょっとグラフィック、ゴテゴテし過ぎと私には感じました。

 NEOGEOに戻り、サクサクプレイ。『餓狼伝説SPECIAL』[NEOGEO・ROM]、「ローレンス」でプレイ。あれっ、珍しく苦戦しないはずの「ビリー」に敗戦です。

『超鉄ブリキンガー』[NEOGEO・ROM]、デバッグデータベース、UNKNOWNになるのか、流石、限定。

『真サムライスピリッツ』[NEOGEO・ROM]、今思うとバブルだなぁ、グラフィックなど細かさが凄い。。。「覇王丸」でプレイしましたが、うわぁ、進まなくなっているなぁ。

『ラギ』[NEOGEO・ROM]、こちらも紙パッケージ。しばらく間を空けると良いのかな、苦戦していた移動床、落下は沸騰即死ゾーン、1回で途中まで抜けられた・・・その後、繰り返すと手前でバッタン、バッタン。。。また時間を空けて、ストレスに備えてっと。

『クイズ迷名探偵ネオ&ジオ─クイズ大捜査線PART2─』[NEOGOE・ROM]、懐かしい顔が溢れている。

『ジョイジョイキッド』[NEOGEO・ROM]、実はストーリーは飛んでも設定、かの有名『テトリス』系のゲームです。いやぁ、難しい。

 ハード愛でしょうか、やっぱり改めてプレイしてもNEOGEO、面白いなぁ。まあ、元々がアーケードゲーム、その場で魅せて100円投入、そして継続させる事が必須だった場に立たされていた作品だけに短時間プレイで家庭用と比較するのはフェアではありませんが。

ゲーセンに憧れ、家庭用とのスペック差異に羨望を抱いていた所も影響しているので。

(記:スッタコ小僧)

【書籍】『海賊島の殺人』読破

 「沢村浩輔」著、誘拐された提督を救い出す為、海賊に変装して拠点に潜り込んだアラン大尉の活躍を描く推理小説、ファンタジー少し風味です。

~巻頭に見取り図など詳しく記載してあるので、てっきり「あっち系」の作品かと期待したのですが、異なった方向でした。。。~

久しぶりに新しい物理トリック系を楽しみにしたのですが、流石にもう無いのかな。

まあ、でも犯人・動機当てと色々楽しめた作品ではあります。

「海賊島」という舞台、そして城館の見取り図から勝手に想像を膨らませ過ぎていた読み手の期待過多・・・。

 素直に読んでいたら及第点の作品だったかと思います。

(記:スッタコ小僧)

2021年4月17日 (土)

【書籍】『人類最強の純愛』読破

 「西尾維新」著、人類最強の請負人・哀川潤が活躍する冒険&第三者による会話劇の第二弾です。

感想を記載し忘れてますが、第一作目『~初恋』も読んでいます。

ただ大分、期間が空いてしまっているなぁ。

~その影響か、どうもシリーズ、キャラ達の面白味が身に染みませんでした。~

パパパッと読み進められましたが、戯言シリーズ&関連シリーズ読後に触れていたら、もっと楽しめたのでは─と感じました。

『非~』系シリーズも途中で止めてしまったし、どこかで一気に読んだ方が良いのだろうなぁ。

 やっと最終巻が出たみたいだけど『りすか』シリーズも意表をつく展開で面白かった印象ですが、ほぼ忘れてしまっているので。

~~~~

 少女博士との出逢い、海難事故、過去の失敗振り返りの中小織り交ぜた物語。

哀川潤の思考、嗜好と過去にも触れられる作品達です。

~~~

(記:スッタコ小僧)

2021年4月11日 (日)

【映画】『ザ・ドライバー』を見た

 「ウォルター・ヒル」監督、「ライアン・オニール」主演のクライムサスペンス、カーアクション盛り沢山の一品です。

~いぶし銀、(初めて見た作品だけど)色褪せない作品です。~

私の中では昔に見ていたアクション映画では良く名を聞き、お名前がしっかり刻み込まれていた監督です。

でも、作品の主演俳優ばかりが浮き上がっていたのですが、番組説明で名を見つけて「おおっ、監督の知らない作品だ。」と録画しました。

当初は勘違いして比較的新しい作品、こう言っては失礼ですが一線から離れてから撮ったモノかな、と思ったのですが、「1978年作品」!!、相当な認識違いでした。

 その為、あまり古い作品でカーアクションメインか・・・今は、某カーアクションシリーズ作品があるしなぁ、と中断or早送り覚悟で見始めたのですが、予想に反して面白い、面白い。

「ドライバー」「プレイヤー」「刑事」「メガネ」って、、、登場人物達に固有名を与えず、淡々とああっスタイリッシュでも狙っているのか─と斜に構えて見ていたのですが、そんな事はいつの間にか頭の片隅に。

カメラワーク、スピード、緊迫感・・・十二分に楽しめ、良い映画視聴となりました。

~~~~

プロ、一流の運び屋。事情から偽証した女性。運び屋を無法者のカウボーイと呼び逮捕に執念を燃やす刑事。

二流の強盗「メガネ」一味などが絡み、運び屋と刑事の闘いは終盤へ。

~~~~

(記:スッタコ小僧)

 

【書籍】『チャイナ蜜柑の秘密』再読

 「エラリー・クイーン」著、国名シリーズ第8弾、論理探偵「エラリー・クイーン」が活躍する本格推理小説です。

~巻末トリック挿絵、ありがとうございます。今回の再読でやっと諸々、理解できました。~

なんで事件現場の間取りなどはあるのに肝心の現場の様子がないのか。

流石に文章だけでトリックにも関連する現場を説明するには、難し過ぎます。

まあ、小説だからで文字だけに拘ったのかもしれませんが。

 また、"あべこべ"の理由もお国柄が影響するのか、残念ながら私には今もピンッと来なかったです。

でも、今回の再読で前述の理解も上がったので、とても有益でした。

国名シリーズ再読で、一番、「評価が変わらないだろうなぁ」と心配していたのが本作でした。

他の再読作品と比較すると振れ幅は少ないですが、幾らか上に振れてくれたので、決して無駄ではなかったです。

 本作は厳密な密室モノではないのですが、色々な密室モノを読んだ後に昔、期待を大にして読んだだけに当時はガックシが大きかった。

ここに来て再読し、諸々と練られていた事が分かり、面白かったです。

(記:スッタコ小僧)

« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

リンク