« 【書籍】『クロウ・ガール』読破 | トップページ | 【映画】『レリック』を見た »

2021年3月 7日 (日)

【書籍】『ルピナス探偵団の当惑』読破

 「津原泰水」著、ルピナス学園の3女子+変わり者の1男子、破天荒な刑事の姉が活躍する中編3本、ミステリです。

~論理的なのは良いけど、文章による描写、説明が分かりづらい。~

せっかく面白い謎を提供しているのに、残念です。

そこがストン、と入れば「おおっ」と感嘆の一作品になったのですが。

事件とは関係のない所で、「n進数」の説明など、とてもじゃないけど分かりづらい。

うーん、故意に難解にして変わり者男子の個性を表しているのかな。だとしても、余計なストレスになり、純粋に作品を楽しめない。

・・・とは言え、読後、思い返してみると、じわじわとその内容が光ってくる。

本作シリーズ作品のようなので(2作目?)、他の作品も読んでみよう。

⇒と、思ったら、3作目読んでいて、同様の感想しているじゃん。(ルピナス探偵団の憂愁)

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『クロウ・ガール』読破 | トップページ | 【映画】『レリック』を見た »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【書籍】『クロウ・ガール』読破 | トップページ | 【映画】『レリック』を見た »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

リンク