« 【書籍】『虐殺器官』読破 | トップページ | 【映画】『ゴースト・ハンターズ』を見た »

2021年3月27日 (土)

【書籍】『黄色い部屋の謎』再読

 「ガストン・ルルー」著、小生意気な青年記者「ルルタビーユ」君が活躍する密室モノの古典、推理小説です。

~新訳いいですね、名作─読み返すとまた面白さが染み渡る。~

トリック(謎)は昔に読んだし、他作品(ジャンル問わず)に利用、また応用されているために驚きはありませんが、それでも楽しめるのが古典名作である所以です。

 初読の時は訳がスッと入ってこなかったのか、または既に謎の解答をうっすらと他作品や情報で得ていたのか、「これが、あの有名な作品?」とあまり感銘を受けなかったと記憶しています。

トリック系は「島田荘司」さん作品から入っているので密室モノでは『斜め屋敷の犯罪』から。

なので、"人"に依存するというか確実性のない解決には少し首を傾げるお年頃(時代)でしたので。

今は違います、年数も経過して色々な経験をしている分、成程ね~との納得です。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『虐殺器官』読破 | トップページ | 【映画】『ゴースト・ハンターズ』を見た »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【書籍】『虐殺器官』読破 | トップページ | 【映画】『ゴースト・ハンターズ』を見た »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク