« 【書籍】『火星の人』読破 | トップページ | 【映画】『デルタ・フォース』再見 »

2021年1月30日 (土)

【書籍】『羊と鋼の森』読破

 「宮下奈都(みやした・なつ)」著、ピアノ調律師・外村青年の成長を描いた作品です。

~確か本作も映画化されたと思ったけど、何故・・・~

確かに小説は楽しめました、普段は全く読まないジャンルであり、内容的にも派手さは全くなく、本当に一青年の成長、ただ「ピアノ調律」といった世界を全くその方面に疎い読者にも分かり易く、感じ取れる内容で表現されている作品です。

 うーん、映像、音を加えて、この本の日常的な世界─ただ、著者の腕・文体・表現でしょうが温かみ・苦さを現わせていれば、映画も良いものに仕上がっているのでしょうが。

映画も同様で全く見ないジャンルなので、見てません。ただ、公開当時にテレビで知って、本作を手に取ったのも「確か映画化されていたな。原作小説、読んでみよう」で前記事の『火星の人』と一緒の理由だからです。

 読み易い文量だし、展開内容(大きな山谷もないが、坂道程度の起伏あり)で爽快な読書感を与えてくれました。

(記:スッタコ小僧)

 

« 【書籍】『火星の人』読破 | トップページ | 【映画】『デルタ・フォース』再見 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【書籍】『火星の人』読破 | トップページ | 【映画】『デルタ・フォース』再見 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク