« 【ゲーム】PS⇒PSP⇒SS⇒NEOGEO⇒SSへ | トップページ | 【映画】『荒野の七人』を見た »

2021年1月 3日 (日)

【書籍】『お文の影』読破

 「宮部みゆき」著、怪談話六篇を収録した短編集です。

~意外、すんなり読み進められなかった。~

著者の作品は、ジャンルを問わず、読み始めると止まらず、短編ならば通勤時間の無いこの年末年始に読み進められると思ったのですが。。。

残念です、うーん、今回は趣向に合わない作品ばかりだったのか、なんだろう、出てくる怪異にあまりにも馴染みが薄いからか。

いずれにしても、珍しくパチッと嵌る作品が一つもなかった点は逆に珍しいです。

・坊主の壺

・お文の影

・博打眼

・討債鬼

・ばんば憑き

・野鎚の墓

切な過ぎず、ダーク過ぎず、かといって笑いあるわけでもなし─どの作品も過剰に"振り切れて"おらず、おそらく丁度良い具合なのですが、なんでだろう、不思議です。

時代は違えど、上記の"感"がピタッと来るタイミングがあるのかな。今回、私はそのタイミングではなかったという事で。

(記:スッタコ小僧)

« 【ゲーム】PS⇒PSP⇒SS⇒NEOGEO⇒SSへ | トップページ | 【映画】『荒野の七人』を見た »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【ゲーム】PS⇒PSP⇒SS⇒NEOGEO⇒SSへ | トップページ | 【映画】『荒野の七人』を見た »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク