« 【書籍】『フランス白粉の秘密』再読 | トップページ | 【書籍】『オランダ靴の秘密』再読 »

2020年12月11日 (金)

【書籍】『天使のナイフ』読破

 「薬丸岳」著、江戸川乱歩賞を受賞したミステリー小説です。

ミステリーの頭に"社会派"を付けようかなとも思ったのですが、それより二転三転する事件・事態・謎が面白く、印象に残ったので。

前述の江戸川乱歩賞に釣られ、あらすじから「ちょっと暗い、陰惨な内容は嫌だなぁ」と思いましたが、読み進めました。

 いやぁ、まさかこの文庫本一冊に、これだけ色々詰め込められるとは。。。

決して文量が多いわけではなく、動きもある。そして、「少年法、少年犯罪」に関する知識も組み込んでいる─。

スラスラ読めるし、そして何より続きを読みたい、、、で、本当に早く読み終わりました。

~~~~~

 娘と二人暮らし、カフェのオーナーの元に数年ぶりに刑事が訪問する。

そして、「少年B」が殺害された事を告げ、前夜のアリバイ確認が・・・。

~~~~~

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『フランス白粉の秘密』再読 | トップページ | 【書籍】『オランダ靴の秘密』再読 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【書籍】『フランス白粉の秘密』再読 | トップページ | 【書籍】『オランダ靴の秘密』再読 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

リンク