« 【書籍】『Self-Reference ENGIN』読破 | トップページ | 【アニメ】『地球(テラ)へ TOWORD THE TERRA』を見た »

2020年11月 1日 (日)

【映画】『コマンドー』再見

 「アーノルド・シュワルツェネッガー」主演、もう何回見ただろう、何も考えず楽に見れるアクション映画─の決定版です。

~見返すとあまりにも"ご都合主義"的な展開/人物が盛り沢山ですが、そこは深く考えずに絵面と決め台詞を楽しめ!!~

スートリー的には以下の流れ。

~~~~~~

 次々と"とある"男達が暗殺されるシーン。・・・おっ、何か発生しているぞ。

山に切り替わり、「ジョン・メイトリクス」大佐(いいお父さんシュワちゃん)と娘「ジェニー」の仲睦まじい描写。・・・山小屋での薪割以外はほぼテンプレの映像。

ヘリでたった二人のセキュリティガード(兵士)を連れて訪ねてきた元上司。

かつての仲間が次々、殺害されている事件が発生している事を告げて、護衛に二人を残して帰ってたと思ったら─。

~~~~~~

~そこからも、もう怒涛の展開です。~

いやぁ、監督さん(「マーク・L・レスター」)、入れたい見せ場をこれでもかとぶち込んだんだろうなぁ。

・エンジン系統を破壊された車を─。(「シュワ」ちゃん怪力の見せ場)

・飛行機からの─。(いや、それは無いだろ。)

・「ジャッキー」ばりのショッピングモール?での大暴れ。

・重機でお店に・・・。

・ロケットランチャーをまさか・・・。(絵が浮かんだのかな)

・ビキニパンツで、敵が集結する島へ上陸。

Blu-ray裏面に記載されている「1人対1000人」は誇張し過ぎですが、あとはドカン、ドカン、ドドド・・・の連発です。

 さあ、本作を見て、元気出して行きましょう。

(記:スッタコ小僧)

 

« 【書籍】『Self-Reference ENGIN』読破 | トップページ | 【アニメ】『地球(テラ)へ TOWORD THE TERRA』を見た »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【書籍】『Self-Reference ENGIN』読破 | トップページ | 【アニメ】『地球(テラ)へ TOWORD THE TERRA』を見た »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク