« 【映画】『エレファント・マン』を見た | トップページ | 【書籍】『小鳥を愛した容疑者』読破 »

2020年11月28日 (土)

【書籍】『その罪のゆくえ』読破

 「リサ・バランタイン」著、法廷・・・いや社会派・・・うーん、少年犯罪と担当弁護士の過去を描くミステリ?、でもないなぁ。

あらすじ「八歳の少年が撲殺、十一歳の少年が容疑者に。事務弁護士として担当となったダニエル・ハンターは・・・」との内容から、ある程度、覚悟してましたが、まさか何の捻りもなく、全くその通りだったとは。

 まあ、550頁以上の分量がある文庫本ながら、途中で投げ出さず、思ったり日数もかからず読めたのは、何故なのだろう。

でも、最後に何かあるかと思ったのですが、、、はあ。(まあ、一応、色々ハッキリさせてくれたのは良かったかな。)

 弁護・法廷の流れ、そして語り手である「ダニエル・ハンター」の回想が交互で繰り返される・・・読めたという事は読みごたえがあったという事だけど、もう一つ何かが欲しかったというのが正直な感想です。

(記:スッタコ小僧)

« 【映画】『エレファント・マン』を見た | トップページ | 【書籍】『小鳥を愛した容疑者』読破 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【映画】『エレファント・マン』を見た | トップページ | 【書籍】『小鳥を愛した容疑者』読破 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク