« 【映画】『透明人間』を見た | トップページ | 【書籍】『鳥居の密室 世界にただひとりのサンタクロース』読破 »

2020年11月 8日 (日)

【書籍】『たったひとつの冴えたやりかた』読破

 男性名義のペンネーム「ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア」、本名「アリス・B・シェルドン」著、SF小説です。

表紙絵と裏のあらすじ「冒険に出た少女の頭に住み着いてしまったエイリアン」との内容から、笑いを入れた少女の大冒険・・・かと思ったのですが、いやいや意外な内容で吃驚しました。

 しっかりした世界観、決してぬるま湯ではない宇宙の旅と出会い・・・いやはや正統派、しかも硬派なSFです。

・たったひとつの冴えたやりかた

・グットナイト、スイートハーツ

・衝突

 図書館司書の紹介による過去の特定種族にまつわる歴史記録三篇──といった形式で綴られる中編集。

全く背景、展開が異なるながらも、前述の世界観を基盤に読みやすく、そして最後まで退屈させない話が続きます。

前回、理解が追いつかなかったリハビリとして、手に取った本作ですが、大正解でした。

~まだ、見ぬ(読んでいない/体験していない)SF小説が沢山あることを再認識させてくれました。~

(記:スッタコ小僧)

« 【映画】『透明人間』を見た | トップページ | 【書籍】『鳥居の密室 世界にただひとりのサンタクロース』読破 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【映画】『透明人間』を見た | トップページ | 【書籍】『鳥居の密室 世界にただひとりのサンタクロース』読破 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク