« 【映画】『13日の金曜日』を見た | トップページ | 【映画】『コマンドー』再見 »

2020年11月 1日 (日)

【書籍】『Self-Reference ENGIN』読破

 「円城塔」著、"イベント"と呼ばれる災害により時間軸?時空が入り混じった未来を描いたSF短編集です。

~いや、上記理解で足りているのかな。。。~

表紙から、まさに人を突き放した/手に取りづらい作品です。

私も『屍者たちの帝国』にて著者名と作品名に触れていなかったら、手に取りませんでした。

全く突き放されor理解できない内容─との感想になるのを覚悟して読み進めたのですが──。

序盤、「おや、結構、いけるかも」と思ったのですが、すいません、私には"まだ”なのか無理でした。

 下手にサッパリな内容/用語になっていない分、何とか読み進められるのですが、おそらくこの作品の面白さは読み取れていないと思います。

 また、色々な知識を増やして、再読する機会があったら、その時、再挑戦したいと考えています。

(記:スッタコ小僧)

« 【映画】『13日の金曜日』を見た | トップページ | 【映画】『コマンドー』再見 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【映画】『13日の金曜日』を見た | トップページ | 【映画】『コマンドー』再見 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

リンク