« 【映画】『コマンドー』再見 | トップページ | 【映画】『透明人間』を見た »

2020年11月 1日 (日)

【アニメ】『地球(テラ)へ TOWORD THE TERRA』を見た

 原作「竹宮恵子」さん、監督「恩地日出夫」さん、荒廃した地球、コンピュータ管理社会、人間と超能力を得た新人類(?)「ミュウ」との抗争。

良く聞くキーワードが並ぶ、「SFファンタジー」作品です。

まあ、「1980年4月公開」なので、"走り"、早い段階でのアニメでテーマ映像化作品なのかもしれませんが。

 良く扱われる題材なので、楽しみにするのはアニメならではの「映像」と、本作独自の設定でしょうか。

~でも一番ビックリして印象に残ったのは全編を通しての声優"大根"「フィシス役の秋吉久美子」さん~

本当に吃驚しました。

昔のアニメ化作品に良くあるように「俳優」「女優」さんが声をあてるのは良いですが、一際、際立っています。

他の方が違和感なく、作品に、そのキャラの声に溶け込めているだけに「なんで。。。」と。

 私の感覚がおかしいのか、、、どこをどう聞いても「合っていない」との感想しか浮かばない。

その点が、一番、残念でした。

また、宇宙船や戦闘機の形状が「んっ?!」といった点と効果音が「これ、ガンダムじゃね?」と思う使いまわし音が見られた以外は、昔の作品にしてはアニメ、良かったです。

 最初に記載したテーマを扱う作品として初めて触れたら、相当に印象が残った作品となったと思います。

(記:スッタコ小僧)

« 【映画】『コマンドー』再見 | トップページ | 【映画】『透明人間』を見た »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【映画】『コマンドー』再見 | トップページ | 【映画】『透明人間』を見た »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク