« 【アニメ】『地球(テラ)へ TOWORD THE TERRA』を見た | トップページ | 【書籍】『たったひとつの冴えたやりかた』読破 »

2020年11月 2日 (月)

【映画】『透明人間』を見た

 「ジョン・カーペンター」監督、主演「チェビー・チェイス」、ヒロイン「ダリル・ハンナ」、敵役「サム・ニール」が贈る「SFファンタジー」です。

 原題は「MEMOIRS OF AN INVISIBLE MAN」、『ジョン・カーペンター読本』でその存在を知り、見てみようと気にかけていた一作となります。

 確かにパッケージにも「笑いとスリルのSFファンタジー」と余計な"笑い"が入ってしまっている。

また、それを一部、助長するシーン(※)もあり、読本にて残念だと指摘されていた「コメディ」要素が散見され、本来の面白さを損なっている点は否めないです。

※事故の発生原因や主人公「ニック」が見る過去の・・・等。

 でも、私自身が主演の「チェビー・チェイス」作品にほとんど触れていたなかった影響か、思ったより「スリル・サスペンス」寄りで楽しめ、また「突然透明人間になった男の恋と冒険~」の方が印象に残った良い鑑賞となりました。

~~~~

 言葉巧みなハッタリ野郎「ニック」、美女「アリス」との出逢いの翌日、突然の事故に巻き込まれて・・・。

透明となった「ニック」を貴重なスパイ/暗殺者候補と付け狙うCIA「ジェンキンズ」、逃げる「ニック」。

やがて「アリス」も巻き込んで、一大逃走劇が始まる!!。

~~~~

 圧倒的なハラハラや大迫力─といった面はないけど、本作の見所である「透明人間になったら、実は日常不便」を見せてくれ、且つラブロマンスが楽しめる作品となっています。

 "軽く楽しめる(良い意味での)B級"、ホラー系ではないですが「カーペンター」節が味わえました。

(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ】『地球(テラ)へ TOWORD THE TERRA』を見た | トップページ | 【書籍】『たったひとつの冴えたやりかた』読破 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【アニメ】『地球(テラ)へ TOWORD THE TERRA』を見た | トップページ | 【書籍】『たったひとつの冴えたやりかた』読破 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク