« 【書籍】『呼び出された男 スウェーデン・ミステリ傑作集』読破 | トップページ | 【書籍】『煽動者』再読 »

2020年8月 2日 (日)

【書籍】『ミレニアム6 死すべき女』読破

 魅力的な主人公達、やり遂げてくれました第4作からバトンを引き継いだ「ダヴィド・ラーゲルクランツ」著のミステリ・サスペンス・アクション─いや、「リスベット・サランデル」サーガです。

 レンタルビデオやで魅かれて三部作視聴、その後、小説を読みました。(ハリウッド版は第一作まで。ちょっと配役がね。。。)

あの時、手にとって良かったなぁ、最初はタイトルから"ホラー"か何かと勘違いしていたので。

ブログ更新サボりより、記載できてませんが、小説全て読んでいて、今回の第6作で一応、完結のようです。

殺人事件、加えて社会的な事件、そして天才ハッカー「リスベット」自身のアクション・謎が平行で進む展開が、相変わらず一気に読めてしまう。

シリーズで、ちょっと嬉しいのは大量の登場人物紹介と事件および「リスベット」と"半"相棒の「ミレニアム」誌記者「ミカエル・ブルムクヴィスト」の住んでいる周辺の地図です。

物語に入り込んでいく一役になっています。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『呼び出された男 スウェーデン・ミステリ傑作集』読破 | トップページ | 【書籍】『煽動者』再読 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【書籍】『呼び出された男 スウェーデン・ミステリ傑作集』読破 | トップページ | 【書籍】『煽動者』再読 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

リンク