« 【書籍】『完全なる沈黙』読破 | トップページ | 【ゲーム】色々、コントローラ動かしておかないと。 »

2020年7月24日 (金)

【映画】『マスカレード・ホテル』

 「東野圭吾」原作、「木村拓哉」と「長澤まさみ」共演のミステリー映画です。

エンディング後の余計な演出と「三谷幸喜」さんの『有頂天ホテル』のような"ノリ"がなければ、久しぶりに邦画で良いミステリー作品が見れた

で、終わっていたのに残念です。

上記に該当する内容は、原作にもあったのかな。。。。まあ、良いミスリードになるので、元々存在していた内容かもしれませんが、演者の過剰な演技が"コメディ"風味の味付けが濃くて、ちょっと合いませんでした。

~ああ、色々ともどかしい作品でした。~

ここ最近、原作者の作品についての読書が遠ざかっているので、正しい判断はできませんが、著者の作品で本当に本作が映画化/実写化にベストだったのでしょうか。

ホテルを舞台にしたある程度、限られた空間内のドキドキを楽しみにしていたのですが、ちょっと異なる方向性でした。

まあ、伏線もしっかりしており、楽しめたのですが、もっと映像化で楽しめる作品が見たかったなぁ、というのが正直な感想です。

そういえば、この前、録画で同原作者の『疾風ロンド』(「阿部寛」さん主演)」も見たことを思い出しました。

うーん、前述の"ノリ"は「東野圭吾」作品には憑き物なのでしょうか。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『完全なる沈黙』読破 | トップページ | 【ゲーム】色々、コントローラ動かしておかないと。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【書籍】『完全なる沈黙』読破 | トップページ | 【ゲーム】色々、コントローラ動かしておかないと。 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

リンク