« 2020年2月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年5月

2020年5月11日 (月)

【映画】『氷の微笑』

 やっとちゃんと見ました本作、「ポール・ヴァーホーヴェン」監督の"エロティック"・サスペンス作品です。

監督よりも「マイケル・ダグラス」との濃密なシーン等で「シャロン・ストーン」の出世作との印象が強いようですが、私にとって監督の方が影響が大きかったです。

『ロボコップ』や『トータル・リコール』など、当時は映画館で見るなら「SF」!!、だった私には監督のこのジャンル切り替えには昔は着いていけなかった、、、その点が災いして本作、しっかり視聴するのが今になってしまいました。

この歳にもなると前述の影響&拘りも薄れ、純粋にあの監督がサスペンス─どんな作品だろう、と楽しめました。

"エロティック"の方ばかり強調される本作ですが、見せ方&魅せ方、イベント、緊張感─128分と意外と長い作品ですが、飽きずに楽しめました。

成程、やっと当時、大ヒットしていた理由(エロだけではなかった)が納得いきました。

(記:スッタコ小僧)

2020年5月 6日 (水)

『携帯機へ』

よし!、久しぶりに「ニンテンドーDS」だ・・・と思ったら、プレイしたのは「ゲームボーイアドバンス」ソフトのみ。

全くNDSの機能(タッチパネル・2画面等)を使っていないソフトばかり楽しみました。

『ファミコンミニ 機動戦士Zガンダム HOT SCRAMBLE』[GBA]。

BGMの再現度が良いアクション&シューティングゲームです。

うーん、「ウェーブライダー」形態の射線合わせが難しい…。

続けて同じファミコンミニシリーズで『リンクの冒険』[GBA]、『高橋名人の冒険島』[GBA]、『ツインビー』[GBA]をプレイしました。

残念ながら、「ファミコン時代」、買ってもらえなかった口なので、嵌るゲームはなかったのですが『高橋名人の冒険島』が良い感じだったかな。

やっとTVゲームをプレイしたのは「スーパーファミコン」からです、遅咲き・遅い入門だったので、ここまで長く付き合って来れたのかもしれないけど。

 で、普通の「ゲームボーイアドバンス」ソフトを─。

『ガンスタースーパーヒーローズ』[GBA]、やはり動き・演出・操作感、半端ないなぁ、感心です。

『ザ・キング・オブ・ファイターズEX2~ハウリングブラッド~』[GBA]、2000ベースでグラフィックは及第点、ただNDSでプレイすると以下が難点です。

・B:弱パンチ、A:強パンチ、L:弱キック、R:強キックのボタン配置。

・コマンド入力について、意外と斜め入力判定が厳しい。

もっと快適にプレイできれば、もっと評価上がると思います。(まあ、簡易入力モードがあるようなので、通常入力モードに拘った自分が悪いのですけど。)

『FZERO CLIMAX』[GBA]、言わずと知れた浮遊感&思わず体が動いてしまうレースゲームです。

SFC時代、プレイしたなぁ、やはり色褪せないないなぁ、この感覚!!

『ダブルドラゴン アドバンス』[GBA]はグラフィックの書き込み、動作パターンが凄い、感心です。

『ファイヤーエンブレム 烈火の剣』[GBA]、自身は軍師で主人公は草原の女性剣士!、2回切りが格好良いです。

『メトロイド ゼロミッション』[GBA]、ファミコンミニ版(性格にはディスクシステムミニ?)が進まないのでこちらでプレイした方が良いのぁな。

SFCの『スーパーメトロイド』しかクリアした事がないのですが、嵌りました、謎解き・アクション、ゼルダシリーズとは違った"SF"の世界─。

『メトロイドフュージョン』[GBA]、生物「X」(≠存在X)と閉鎖された研究会社(?)のステーションでの闘いです。

ゲームオーバー時の演出といい、熱い、そして『~ゼロミッション』と同様に音と通常かヘッドフォンか選択できる点に"音"への拘りを感じます。

最後は『奇々怪界あどばんす』[GBA]、お札と払い棒のアクションゲーム、携帯機でこのドットグラフィック、これでは「ネオジオポケット」、完敗するよ。

(記:スッタコ小僧)

2020年5月 5日 (火)

『続いて、初代プレイステーション』

当時は先に「セガサターン」を購入していたので、「プレイステーション」は後になってからです。

今は、「PS one」(+専用液晶モニタ)にてプレイをしています。

「PS2」では相性があるのと「FRAMEMEISTER」を挟むと読み込みが長いからか"入力がありません"が発生するので。

 まずは『トワイライトシンドローム~再会~』です。

音に拘ったホラーアドベンチャー、怪談話で少し涼しくなりました。

 続いては『PUNCH THE MONKEY! GAME EDITION』、最近は珍しくもなくなった所謂「音ゲー」です。

楽曲がノリノリ、昔の「ルパン三世」シリーズ、大好きです。

ここ最近のシリーズとTVスペシャルは少し疎遠となってしまっていますが、改めて"偉大な作品"だと感じられました。

一応、全曲NORMALではクリアして、ボーナスがほとんどクリアできていない状態─まあ、時々ひっぱり出して、楽しんでいます。

 そしてアクションゲームの『攻殻機動隊』、キャラゲーにしては凄く出来の良い作品で驚きです。

「バトー」など声優さんが今と異なるので少し違和感ですが、オープニングといい、内容といい、及第点以上の作品となっています。

 最後は数年放置⇒プレイ⇒放置⇒初めから⇒放置を繰り返して、クリアできていない『ペルソナ2 罪』。

「メガテン」系譜は大好きなのになんで進まないのだろう。。。

今度こそとプレイ中です。

(記:スッタコ小僧)

2020年5月 4日 (月)

『そして、セガサターン』

 結構、有名所についてプレイorクリアしていないものが多数あるハードです。

ずっとカートリッジ(ROM)ハードが大好きメインだったので、ロードがあるハードについては当時は別として後々、進まなくなるのです。

プレイしたゲームは過去にある程度進めたのですが、パワーメモリーが1個、吹っ飛んだのが災いしてか、データは無くなっており、改めてプレイしています。

『シャイニング・ザ・ホーリィアーク』[SS]、RPGです。

主人公視点と戦闘前の「ピクシーアタック」システムが、緊張感を失わず、ダンジョン探索を継続して楽しめる作品となっています。

『ガーディアンヒーローズ』[SS]、ベルトスクロール系のアクションゲームです。(3ラインでの移動が可能です。)

格闘ゲームは好きなのですが、"ゴチャゴチャ"系は少し敬遠してきた私ですが、歳を経て色々なものをプレイするようになり、再びプレイ。

そして、「イヴ・バーストエラー」[SS]のアドベンチャーゲーム。

3回目ぐらいの再チャレンジかな、またまたSAVEとLOADを間違えて、1時間くらいプレイしたものを無駄に失ってしまったよ。。。トホホ。

「パワースティック」やS端子の縦置き可能なモニタが必要なシューティングなどまでは、プレイできなかったな。

(記:スッタコ小僧)

【映画】『サロゲート』

 『ターミネーター3』制作陣と「ブルース・ウィルス」主演のSFアクション、という事で視聴しました。

2009年製作とあるが、全く記憶になかったので。。。でも、観始めたらストーリーラインに既視感がありました。

その為、過去に見たけど忘れているのかな、それとも原作"小説"の方でも読んだのかな、と思ったのですが、原作は「グラフィックノベル」(要はデジタル漫画のようです)なので、違うみたいです。※記事見返したら、2010年8月に視聴してました。。。忘れているもんだ、まあ、10年前だからね。

 なので、ストーリー的には目新しい物ではなかったにしろ、アクションはまぁまぁで、1時間半、しっかり見る事ができました。

(ここ最近、つまらないとスキップor早送りで映画を見てしまう事が増えてしまった。。。映画に失礼だけど。)

~~~

身代わりロボットが普及し、人々がリスクを回避し自宅、ロボットが世界を闊歩する近未来。

ある青年が殺害された事で、その"社会"を震撼させる危機&機器(正確には武器)に一人のFBI捜査官「グリアー」が捜査に乗り出す。

~~~

『ターミネーター3』、嫌いではなかったですよ、アクションシーン等も十分に楽しめたし。

ただ、個人的に意外性・意表を狙った「前回/前作主人公(級)キャラを貶める・没落させる」点のストーリー開始がどうも好きになれない、、、。

(記:スッタコ小僧)

2020年5月 2日 (土)

『まずは、NEOGEOから。』

 まず、最初にプレイしたのは『餓狼伝説SPECIAL』[NEOGEO・ROM]です。

普段、必ずプレイしてしまうので。

昔は、CPU戦時のCPU専用キャラや悪役(!?)は、ほとんど操作しなかったのですが、ここ最近は違ってきています。

「アクセル」⇒「クラウザー」ときて、現在は「ローレンス」でプレイ中です。

主人公キャラ達と違って、また色々と癖があるのが楽しいです。

 続いては、『パルスター』[NEOGEO・ROM]、シューティングはヘッポコなのですが、クリア目指して...長い長い道のりだなぁ。

その場・復活でないのがヘタッピにはつらすぎる。

でもコツコツと進めていけば、、、、上手い方の動画などアップされていて助かります。

 で、初代『餓狼伝説』[NEOGEO・ROM]へ。

起き上がりパターンがあるので、ノーコンティニュー&1本も取られずに過去クリアした事もあるのですが、久しぶり過ぎて撃沈。

リハビリ初戦に「タン先生」はキツ過ぎました、一気にコンティニュー利用しました。

まあ、何とかクリアはできたけど。

 初代『龍虎の拳』[NEOGEO・ROM]も久しぶり、そして"やはり"「キング」見たさに「キング」戦を苦戦し、「Mr.BIG」まで到達したが撃沈です。

『ニンジャコマンドー』[NEOGEO・ROM]は、「リュー・イーグル」でプレイしましたが、相変わらず「爆裂究極拳」が安定せず、焦ってウロウロしている所に「信長さん」に"バッサリ"です。

でも、爽快で良いアクションゲームです。

再び格闘ゲームに戻り『超人学園ゴウカイザー』[NEOGEO・ROM]です。

若干、操作&コマンド入力に"もたつき"感がありますが、慣れれば普通にプレイできます。(「ゴウカイザー」を使用)

そして『サムライスピリッツ天草降臨』[NEOGEO・ROM]で「覇王丸」、『ザ・キング・オブ・ファイターズ2001』[NEOGEO・ROM]で「キング・ラモン・アンヘル・ST舞」でプレイしました。

どちらも『~零SPECIAL』と『~2002』の方をここ最近はプレイしていたばかりなので、もっと行けるかなと思ったのですが。

"天草"は演出の良さが目立ち、"2001"はやはり背景の粗さ、各種演出(コンティニューやゲームオーバー含む)のチープさが目立つ。。。

『ワールドヒーローズパーフェクト』[NEOGEO・ROM]、集大成だけあって背景(各時代)、VS&勝利デモなどパワーアップ・・・だけど、何故か"私も"普段は『~2』の方をプレイしてしまいます。

そして「Phantom-1」と取り出して次はMVSカセットをプレイです。

「CONVERTORⅡ」はなんか受け口が広がってしまう気がして、剥き出しですが「Phantom-1」の方ばかり使用しています。

『ぐるりん』[NEOGEO・MVS]、ルールもグラフィックも微妙な作品です。

こんな敵キャラじゃ、コンティニューする気が起きないよ。「FACE」さん次回作の『マネーアイドルエクスチェンジャー』は、その失敗からか、凄く良かったけど。

カーレース『NEOドリフトアウト』[NEOGEO・MVS]、面白いです、『オーバートップ』も良いけど流石タイトルに"ドリフト"がつくだけあって、爽快極まりない!!

ドライバー視点の最近のドライブゲームも良いけど、この見下ろし/斜め視点もゲームらしさ、です。

こちらもシューティングと同じでなかなか先に進めないけど。

最後は『ナイトメア・イン・ザ・ダーク』[NEOGEO・MVS]です。

『ズパパ!』と同じ"系"のアクションゲームです。ボス戦、難しくないか。。。。

もっと先に進みたいですが。敵キャラ、背景の多彩さから、加えて陽気(?)さから『ズパパ!』に私は軍配を上げますが、楽しめない作品ではありません。

(記:スッタコ小僧)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

リンク