« 2016年5月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月24日 (日)

【ゲーム】『ルナ2 エターナルブルー』[SS]再開

 セガサターン版、CD媒体時代懐かしのアニメ・ボイス・ドット絵が融合したRPG作品です。
(フルアニメ、フルボイスは厳しいので、随所に適度な挿入です。)
 なぜ、タイトルに"再開"と記載しているかというと、以前に結構、プレイしていた時にセーブデータを消してしまったからです。
その為、直ぐにはリトライをする気が起きず、だいぶ時間が経過してしまいました。
(とある雑誌にパワーメモリーは設計ミス、接触が悪い。その為、文字化けデータが出来ることがあるが、削除しても問題ない──とあったので、削除したら、本作のセーブが消えた、、、と。)
さて、SSでは何をプレイしていくか。。。と悩んだ際に、アクション系は他作品と平行はきついのでRPGを選択、また、本作はリメイクされる(確か[PSP])程の良作だったとの記憶があったので。
まあ、最新ハードのソフトと一部の例外を除いて、ゲームソフトの値段が本当、下がっている中、リメイク作の方を探してプレイしても良かったのですが、やはりSSの本体自体を動かしておきたかった。
(どうも電源を時々入れないと、パワーメモリーのデータが消えるというか、久しぶりに電源を入れたら、初期化要の状態で、進めていた『EVE burst error』のセーブデータが無くなってしまい、悶絶。ああっ、またしばらく時間を空けて再プレイ作が増加。)
 戦闘バランスが結構、絶妙で思ったより、楽しめています。
好きなシリーズのRPG以外、中断⇒数年、放置…なりがちな私ですが、本作は久しぶりに進めていけそうです。
Img_0035
Img_0036
◎やはり、いいね、ドット。
Img_0040
◎アニメも邪魔せず、適度。
Img_0041_2
(記:スッタコ小僧)

【ゲーム】『トワイライトシンドローム~究明編~』[PS]開始

 「ヒューマン株式会社」のホラーアドベンチャーの続編です。
後編の始め2編は、怖いというよりは"悲しい"作品なので、夜に楽しめました。
相変わらず、音の拘りに感動します。
3D、立体音響……おそらく、今の技術およびゲームには意図せずとも、普通に実装されているのでしょう。
ただ、本作においては『この音を立体的に聞かせたい/聞かせられたら』との意気込みが随所に感じられます。
アニメ界の大監督は、描きたいシーンの絵コンテから、ストーリーを練り上げていくという──。
本作も、『まず、音ありき』から始まったのかと感じられる一作です。
Img_0026
◎図書館で本をめくる音
Img_0029_2
Img_0030
◎襖、琵琶(三味線?)の音
Img_0034
◎体育館のドア等、諸々…痺れます。
(記:スッタコ小僧)

2016年7月18日 (月)

【ゲーム】『トワイライトシンドローム~探索編~』[PS]クリア

 「ヒューマン株式会社」のホラーアドベンチャーです。
本作、夜プレイできなかった・・・怖くて。
『バイオハザード』や『零(ファイタル フレーム)』は、何とか夜間プレイができたけど、本作は怖すぎる。
実写、CG(ポリゴン)、アニメ、ドットの融合──いい具合に合わさっており、各々の使用が絶妙である。
Img_0001
◎オープニング...えっ、実写!?
Img_0002
Img_0007
Img_0011
◎実写、CG、アニメ、ドットが良い塩梅。
しかし何といっても、"音響"が良い。
ヘッドホンプレイ推奨──いや、ヘッドホンを着けてプレイしないと面白さ半減です。
ゲームとしては「?」と思ってしまう選択肢の無さ&ボリュームの少なさですが、それを補ってあまりあるインパクトを与えてくれます。
暑い夏の日中、お世話になりました。おかげで、「ゾッ」と涼しくなりました。
さて、継続して「究明編」を楽しむ予定です。
Img_0017
Img_0020
Img_0021
積みゲ、積みゲで9年程、寝かしていた[PS]系、そろそろ消化してかないと。
「PS1」でこれで、「PS2」、「PSP」と考えると。。。。先は長い。
しかも、「SS」、「DC」、そして本命の「NEOGEO」もあるし。
(記:スッタコ小僧)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年8月 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ