« 【書籍】『天使たちの課外活動3 テオの日替り料理』読破 | トップページ | 【書籍】『ホロー荘の殺人』再読 »

2013年9月 8日 (日)

【書籍】『夕暮れをすぎて/夜がはじまるとき』読破

 「スティーヴン・キング」著、ホラー、サスペンスなど諸々詰まった短編集です。

 著者の作品をしっかり読むのは久しぶり、いつもは映画化されたものなどで済ましていたので。
ただ、やはり"映像化"では楽しめない面白さが、本には詰まっているので、久しぶりに著者の作品を手に取りました。

~うーん、確かに短編について感を取り戻している・・・その過程にあるのかも。~

 当初、期待していた"驚き"と"面白さ"、"意外さ"が少なかったです。
ちょっと「かのキングだから」で、期待を膨らませ過ぎたのかも知れません。

 面白いと思った作品も以下の通り、デジャヴのように感じたので。

 猫vs.殺し屋の話は映像化の方が印象に残っている?──その映画された作品をみたような。
 精神科医の話──あれっ、『クトゥルー神話譚 黒の碑』と同じ話?。

 その他は、ちょっと状況&設定を工夫したサスペンス物、こちらも「あれっ、どこかで読んだような」との想いを抱かせる作品ばかりでした。(あとでブログを見たら『夜の~』を読んでいました・・・。)
(もしかして、本作、ハードカバー版などで私、ずっと昔に読んでいるのかな?)

 一番、印象に残り、グッと入ってきたのは、かの現実の大事件/事件後を描いた作品かな。
起こりうる、そして、自分がその場面に直面した時を想像すると・・・・・・。

 まあ、久しぶりに「キング節」が楽しめました、著者の長編シリーズはあまり読んでいないので、ちょっと手をつけてみようかな。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『天使たちの課外活動3 テオの日替り料理』読破 | トップページ | 【書籍】『ホロー荘の殺人』再読 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『夕暮れをすぎて/夜がはじまるとき』読破:

« 【書籍】『天使たちの課外活動3 テオの日替り料理』読破 | トップページ | 【書籍】『ホロー荘の殺人』再読 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ