« 【書籍】『月の影 影の海 十二国記 上下巻』読破 | トップページ | 【書籍】『007 白紙委任状』読破 »

2013年9月 8日 (日)

【書籍】『魔性の子 十二国記』読破

 「小野不由美(おの・ふゆみ)」が描く異界ファンタジー、『十二国記』シリーズなのですが・・・ジャンルは【ホラー】でしょうか。
この前の記事でシリーズ最初の作品の感想を記載したのですが、それ以前に『黄昏の岸 暁の天 十二国記』を読破しています。
その『黄昏の岸 暁の天 十二国記』の"日本側"で発生していた話です。

~~~
 ここは自分の居場所ではないと常に感じる教育実習生「広瀬」。
彼が母校で出遭ったのは自分と同じ"異端"(!?)の雰囲気を持つ、いやそれ以上の雰囲気を纏う少年「高里」。

 昔、神隠しに出遭い、戻ってきた少年は、彼に危害を加えると・・・・・・「祟る」という噂が。
~~~

 ホラー小説としても十分、逆に『十二国記』という冠がその怖さを薄めた形になっています。(妖魔の存在を知っているだけに)
人の薄暗い部分を過剰に描いているわけでもないのに、じわじわと染み渡っていく・・・・・・単純なこの世でないものが暴れるホラーとは違った怖さが、うまい具合にミックスされています。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『月の影 影の海 十二国記 上下巻』読破 | トップページ | 【書籍】『007 白紙委任状』読破 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『魔性の子 十二国記』読破:

« 【書籍】『月の影 影の海 十二国記 上下巻』読破 | トップページ | 【書籍】『007 白紙委任状』読破 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ