« 【映画】『崖っぷちの男』を見た | トップページ | 【書籍】『女性司祭』読破 »

2013年5月 6日 (月)

【アニメ】『伏 鉄砲娘の捕物帳』を見た

 「桜庭一樹(さくらば・かずき)」原作小説の長編アニメ化作品です。
著者の作品は『GOSICK』シリーズを全て小説にて、読みました。
名前から男性かと思っていたのですが、確か、女性だった事に驚いた記憶があります。
一つの作品がヒットすると、実写化、アニメ化などが一人の作品に集中してしまうのがあまり好きではありませんが、テレビ版の延長でない長編アニメは大歓迎です。

 さて、本作ですが、映画劇場公開時のCMでは「そそられません」でした。
絵柄もさる事ながら、狩人と狩られる側との禁断の恋・・・・・・のストーリーも、あまりもの珍しくないので。
そして、今回、視聴を開始して、制作会社からも不安を覚えました・・・・・・その会社の作品のテレビシリーズ、第1、2話で視聴を打ち切ったぐらいなので。

~不安は的中しました。~

 やはり大きく絵が影響しているでしょう、昔の日本昔ばなしシリーズのような絵柄が、逆に万人受けしません。
絵の好き嫌いはあるので、そこは良いとしても、このストーリーって、本当に原作小説通りなのでしょうか。
2時間枠に収める為に、無理したか、焦点の当て所を多分に間違ったのではないでしょうか。

 『南総里見八犬伝』が物語の肝なのに、その部分についての説明が不足し過ぎています。
時間がないので、人と伏の微妙な恋愛劇へシフトしたのかも知れませんが・・・・・・。
劇中、なんとか説明しようとしているのだけれども、うーん、あの最後の部分で諸々詰め込まれると「取って付けた」様に見えて、盛り下がりました。
「薬師丸ひろ子」さんの角川映画版を見ていた世代には、その影響から「里見八犬伝」は親しみ深いのですが、今の時代には厳しいのでは・・・・・・。
(映画のストーリー自体は荒唐無稽ですが、姫と犬のエピソード自体は、角川映画のお陰で馴染み深いモノとなっています。)

(記:スッタコ小僧)

« 【映画】『崖っぷちの男』を見た | トップページ | 【書籍】『女性司祭』読破 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【アニメ】『伏 鉄砲娘の捕物帳』を見た:

« 【映画】『崖っぷちの男』を見た | トップページ | 【書籍】『女性司祭』読破 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

リンク