« 【映画】『エルム街の悪夢』を見た | トップページ | 【映画】『フリーダムランド』を見た »

2013年5月 5日 (日)

【書籍】『インモラル』読破

 「ブライアン・フリーマン」著、「マカヴィティ賞最優秀新人賞」を受賞した【サスペンス】小説です。

~タイトルと表紙に問題あり。~
※「ハヤカワ文庫」版を読んでいます。

 極上のサスペンスで久しぶりに満足を憶えた作品なのに・・・・・・本作、古本屋で100円でした。
タイトルは、原題と同じだから幾分、仕方がないとしても、時々、変な邦題をつけるぐらいなんだから、本作も何とかして欲しかった。
あとなんだ、この表紙の「薔薇の絵」は──中身、そして連想されるイメージが全く合っていない。

 上記タイトルと表紙、そして100円で購入したという事で、大分、ハードルを低くして読んだ事も若干、影響したかもしれませんが、前述の賞受賞の力は十分に感じました。
読後、コストパフォーマンス的に随分、得したなぁと感じた反面、次に沸き上がってきたのは、「古本屋で100円」となってしまった要因に対しての腹立ちです。
もしかして、他の100円本と同じく話題になり冊数があるからなのか・・・・・・いやいや、それならば、タイトルぐらいは知っているはず。
珍しく、「早川書房」に怒りを覚えた読書となりました。

~~~
 17歳の少女、「レイチェル」の失踪事件が発生した。
警官「ジャナサン・ストライド」は、少女の行方を追う内に、彼女に周りに秘められた謎を解き明かしていく・・・・・・。
~~~

一転、そして一転、更に一転する作品は面白いね。

(記:スッタコ小僧)

« 【映画】『エルム街の悪夢』を見た | トップページ | 【映画】『フリーダムランド』を見た »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『インモラル』読破:

« 【映画】『エルム街の悪夢』を見た | トップページ | 【映画】『フリーダムランド』を見た »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ