« 【書籍】『二度死んだ少女』読破 | トップページ | 【書籍】『ゼロの焦点』読破 »

2013年5月 1日 (水)

【映画】『荒野の用心棒』を見た

 今や監督業でも成功している「クリント・イーストウッド」主演の【マカロニ・ウエスタン】です。
「イーストウッド」の出世作とも言われている本作、私は初見です。
私の「イーストウッド」入門は『ダーティーハリー』からで、本作はタイトルは知っていましたが、わざわざ見ようとは思いませんでした。
元の「黒澤明」監督の『用心棒』は見た事があったし、また、「ブルース・ウィルス」主演で再リメイクされた『ラストマンスタンディング』もあったので。
ストーリー展開は既に既知であるし、侍・ガンマン両版も既に視聴済みだったので、再び古い作品を見るまでもないと・・・・・・。
(順番的には、『ラストマンスタンディング』⇒『用心棒』⇒本作で私は見ました。)

~間違いでした、やはり長く語り継がれる作品には、その理由があります。~

 ガンマン版では『ラストマンスタンディング』より、はるかに面白く感じました。
全然、色褪せた感じがしません。
ストーリーは、二つの対立する勢力に荒れた町を訪れた流れ者が、片方の用心棒となるが実は画策して、両勢力の共倒れを図り、町と引き裂かれた家族も助ける──内容です。
本作では少し『ダイハード』のラストシーンを思い起こさせましたが(本当は本作が先か)、『椿三十郎』と同じく最後の決闘が見モノです。

 「イーストウッド」の無骨な所が合っている、合っている。(口笛BGMも合っている、合っている。)
本作と見てしまうと「ブルース・ウィルス」は"陽性"な印象が強すぎたなぁと感じてしまいます。

 ゴールデンタイムの放送映画はここ最近、つまらなくなってきていますが、午後のロードショーはチョイスがとても良くなってきています。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『二度死んだ少女』読破 | トップページ | 【書籍】『ゼロの焦点』読破 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】『荒野の用心棒』を見た:

« 【書籍】『二度死んだ少女』読破 | トップページ | 【書籍】『ゼロの焦点』読破 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ