« 【書籍】『ゴーグル男の怪』読破 | トップページ | 【書籍】『Gボーイズ冬戦争 池袋ウエストゲートパークⅦ』読破 »

2013年3月24日 (日)

【書籍】『祝もものき事務所3』読破

 「茅田砂胡(かやた・すなこ)」著、推理しない、捜査しない・・・・・・結局、何もしない探偵"もどき"を描く【サスペンス】小説です。
歩き回る、日々過ごしていく内に事件を解決してしまう「神さまの道具(ツール)」・・・・・・。

 その能力を持った「百之喜太郎」、彼を取り巻く友人&秘書達──「犬槇」、「芳猿」、「鬼光」、「雉名」、「凰華」。
本作では、友人sに焦点を当てて、「百之喜」との出遭い、二人だけのエピソード、現在の事件&トラブルを描く短編集となっています。

 最近は幾分、柔らかくなってきていますが、カッチカッチの【本格推理】好きの私には、シリーズ第一作目、二作目共に著者が描く他シリーズ(【SF】&【ファンタジー】)と比較すると、あまり好きではない作品でした。
ただ、本作の短編形式になって、シリーズ評価が上がってきました。
やはりテンポの良さと勧善懲悪のスッキリ感かな。(まあ、悪人達の企みは、結構、"黒い"ですが。)

 長編になるとどうしても、【推理】──事件の謎に包まれた真相部分に期待してしまう。
本シリーズの楽しみ方としては、「百之喜」の行き当たりばったり、偶然の行動が、どう事件解決に転がって行くかを観察する部分にあると思うのですが、事件と"もどき"ですが「探偵」という用語があると・・・・・・難しい。

 安定して楽しめる作品になってきました。
ただ、私の希望としては、「いい所で続く・・・」となっている別シリーズの新刊をお願いします。

 さて、最後に本シリーズの感想(過去記事)へのリンクを──

『祝もものき事務所』
『祝もものき事務所2』

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『ゴーグル男の怪』読破 | トップページ | 【書籍】『Gボーイズ冬戦争 池袋ウエストゲートパークⅦ』読破 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『祝もものき事務所3』読破:

« 【書籍】『ゴーグル男の怪』読破 | トップページ | 【書籍】『Gボーイズ冬戦争 池袋ウエストゲートパークⅦ』読破 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

リンク