« 【映画】『カウボーイ&エイリアン』を見た | トップページ | 【映画】『ミッション:8ミニッツ』を見た »

2013年1月 1日 (火)

【書籍】『パイは小さな秘密を運ぶ』読破

 「アラン・ブラッドリー」著、「CWAデビュー・ダガー受賞作」など"9冠を達成した"との帯が目立った【推理小説】です。
前述の謳い文句に惹かれて手に取った作品でしたが、読んでみると・・・・・・

~何故、本作品が9冠も取れたのだろうか。~

正直な私の感想は以上です。

 確かに主人公は11歳の化学好きの少女、彼女の視点で描かれる全編は"幼さ"の面白さがあります。
イタズラ心、好奇心、恐れなどなど。

~でも、推理の面白さと直結していない。~

 事件の被害者が断末魔に(その時点では)意味不明の言葉を残す点も、推理小説の題材で暗号と同程度、好きではありません。
好きではないシチュエーションが重なったからでしょうか。
いや、そもそも事件と推理自体、また少女の冒険も"いまいち"盛り上がりに欠けます。
荒唐無稽な冒険でない分、現実味がありますが、それが小説として面白いかというと・・・・・・まあ、別だよなぁ。

 何か、日本人とは感性が異なるのか、理解&共感しづらい部分があるのでしょうか。
"9冠を達成した"理由が分からないのが、本作の最大の謎です。

(記:スッタコ小僧)

« 【映画】『カウボーイ&エイリアン』を見た | トップページ | 【映画】『ミッション:8ミニッツ』を見た »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『パイは小さな秘密を運ぶ』読破:

« 【映画】『カウボーイ&エイリアン』を見た | トップページ | 【映画】『ミッション:8ミニッツ』を見た »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ