« 【書籍】『万能鑑定士Qの推理劇Ⅱ』読破 | トップページ | 【書籍】『冥談』読破 »

2013年1月 6日 (日)

【映画】『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー 』を見た

 「クリス・エヴァンス」主演、アメコミヒーロ物、【アクション】映画です。
昔、別の実写化である『キャプテン・アメリカ』を見た記憶があります。
(『スパイダーマン』も「サム・ライミ」監督ではない作品が、三作ほどあったような・・・)
殆ど覚えていませんが、それなりに面白かったような印象がありますので、今作も期待していました。

 3Dでの公開時、一時は劇場まで足を運ぼうかとも思っていたのですが、とある映画レビューの酷評を読んで思いとどまりました。
『グリーン・ランタン』の感想でも記載したけれども、特撮技術の発達により、どのヒーロー物も"それなり"の作品になっていると期待していました。
確かに映像的には発達しているけど、ストーリーも時代・時代に合わせて、発展させなければならないと痛感しました。

 本作でネックとなるのも以前の『グリーン・ランタン』記事と同じ誕生譚と最初の活躍です。
愛国心溢れるが貧弱な青年が超人計画により、マッチョに──の誕生譚は良いとしても、最初の活躍、正確にはその活躍までの経緯が"ズッコケ"です。
戦意高揚の為のミュージカルスターから始まるって何?、子供に大人気となるも、戦場の戦士達からは冷笑って。
捕まった友人を助ける為、奮起し単身乗り込んで行く展開は良いとしても、それまでの経緯の方がインパクト強くて、素直に喜べない・・・・・・。

 上記後、仲間達と数々のミッションをこなすのですが、「戦いがダイジェスト」です。
活躍の舞台が戦場ではないヒーローは色々なダイジェスト映像でも、また描かれた一場面から色々と想像する楽しさがあるのですが、本作は舞台が戦場で、どのダイジェストも変わり映えがしないのが欠点です。

 あとどうしても気になってしまうのは、主人公、「キャプテン・アメリカ」のみ重装備である事。

結局、ストーリー的にも、映像的にも、ヒーロー物としての面白さが感じられない作品でした。
最後のスタッフロールだけは、3Dで見たら"見映え"がよさそうだな・・・・・・という、大変、寂しい感想です。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『万能鑑定士Qの推理劇Ⅱ』読破 | トップページ | 【書籍】『冥談』読破 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【書籍】『万能鑑定士Qの推理劇Ⅱ』読破 | トップページ | 【書籍】『冥談』読破 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ