« 【アニメ】『猫物語(黒)』を見た | トップページ | 【映画】『カウボーイ&エイリアン』を見た »

2013年1月 1日 (火)

【書籍】『警視庁幽霊係 紳士のためのエステ入門』読破

 「天野頌子(あまの・しょうこ)」著、通称「お宮の間」──警視庁の"特殊"な能力者達が解決する事件を描いた【推理小説】です。
連作短編集というより、中編3本の連作中編集となるのかな。

 "特殊"といっても、各分野に優れた能力者達ではなく・・・・・・「幽霊係」と霊的に特殊な面々が集った部署です。
主人公の「柏木雅彦(かしわぎ・まさひこ)」は、事件の被害者限定で霊が見える特異体質の持ち主、且つ、自称"美少女兼守護霊"「及川結花(おいかわ・ゆか)」付・・・・・・。
設定から、二人の掛け合いと「結花」の活躍を期待しているのですが・・・・・・今回は"空振り"です。

 今回、特に残念だったのは、タイトルとなっている作品が長いわりには、推理および幽霊係面々の活躍が不十分だったこと。
残り二作品の「魚座の男」や「恐妻家は嘘をつけない」の方が、頁数の影響かもしれませんが、本作品のテイストを十分、引き出していたと思います。
「紳士のための~」は、「幽霊係」でも容姿共に特異なメンバーである「伊集院馨(いじゅういん・かおる)」警部補を単に描きたかったから──でしょうか。

 さて、最後に本シリーズの感想へのリンクを──

『警視庁幽霊係』
『警視庁幽霊係 恋する死体』
『警視庁幽霊係 少女漫画家が猫を飼う理由』
(本書)
『警視庁幽霊係と人形の呪い』
『警視庁幽霊係の災難』

(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ】『猫物語(黒)』を見た | トップページ | 【映画】『カウボーイ&エイリアン』を見た »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『警視庁幽霊係 紳士のためのエステ入門』読破:

« 【アニメ】『猫物語(黒)』を見た | トップページ | 【映画】『カウボーイ&エイリアン』を見た »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

リンク