« 【書籍】『絆回廊 新宿鮫Ⅹ』読破 | トップページ | 【書籍】『バツリスト』読破 »

2012年12月 9日 (日)

【書籍】『裁きの地 私立探偵ハンナ』読破

 「サラ・デュナント」著、私立探偵「ハンナ・ウルフ」が活躍する【ハードボイルド】小説です。

~~~
 行方不明となったバレリーナ捜索を養母から受けた「ハンナ・ウルフ」。
捜査はイギリスから、フランスまで。
そして、辿り着いた真相とは──。
~~~

 あらすじは、こんな感じ。
表紙にも絵があるので、"バレリーナ"という点が関連してくるのか、そういった方面の豆知識でも得られるかなと思ったら、期待ハズレ。
また、探偵の"推理能力"の欠如にも、ガッカリです・・・・・・ほぼ、相手の告白に助けられています。

 謎解き、意外な犯人が目的ではなく、誰にでも薄々真相を悟らせながら、別の部分に魅力ある作品であれば許容できたでしょう。
ただ、この探偵、読み手側がもう大分、気づいているであろう点を"悟る"のが遅すぎる。
読んでいて、イライラさせ過ぎ、それをカバーする魅力もないときたら、絶望です。

~この探偵がシリーズ化している点が、一番の謎です。~

 まあ、動機/謎に関わる点で扱われている題材が、著者の国では目新しかったのでしょうか。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『絆回廊 新宿鮫Ⅹ』読破 | トップページ | 【書籍】『バツリスト』読破 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『裁きの地 私立探偵ハンナ』読破:

« 【書籍】『絆回廊 新宿鮫Ⅹ』読破 | トップページ | 【書籍】『バツリスト』読破 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ