« 【アニメ・ゲーム】5月14日(月)~5月18日(金)雑記 | トップページ | 【映画】『ミッション:インポッシブル/ゴーストプロトコル』を見た »

2012年12月 2日 (日)

【書籍】『狐笛のかなた』読破

 『精霊の守り人(もりびと)』、『獣の奏者』シリーズなど、大人も感動させる【ファンタジー】を描く「上橋菜穂子(うえはし・なほこ)」著の小説です。
本作については、思い返すとそう独特の設定でもないし、ストーリー的にも"王道"です。
でも、読んでいる内は、夢中となり最後まで一気に読み進めてしまう面白さがあります。

~~~
 主の命令には絶対の「霊狐」。
怪我をし、追っ手に追い詰められている時、出遭った少女「小夜」。
「小夜」は小狐を庇い、逃げた先で出遭った閉じ込められた少年「小春丸」。
幼い頃の2人と一匹の出遭いと別れ。
 そして、再会した時、「小夜」の不思議な力の謎、出生の秘密、逃れなれない戦いが始まる・・・。
~~~

(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ・ゲーム】5月14日(月)~5月18日(金)雑記 | トップページ | 【映画】『ミッション:インポッシブル/ゴーストプロトコル』を見た »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『狐笛のかなた』読破:

« 【アニメ・ゲーム】5月14日(月)~5月18日(金)雑記 | トップページ | 【映画】『ミッション:インポッシブル/ゴーストプロトコル』を見た »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

リンク