« 【書籍】『骨音 池袋ウエストゲートパークⅢ』読破 | トップページ | 【書籍】『裁きの地 私立探偵ハンナ』読破 »

2012年12月 9日 (日)

【書籍】『絆回廊 新宿鮫Ⅹ』読破

 「大沢在昌(おおさわ・ありまさ)」著、元キャリアで新宿署生活安全課の孤高の刑事、喰らいついたら離さない「鮫島」を描いた【ハードボイルド】です。
久しぶりのシリーズ最新作、待っていました。

 幾分、大人し目に感じるのは、最近の"過激"な描写溢れるコンテンツに慣れてしまったからでしょう。
でも、本シリーズならではの"渋み"、"男らしさ"は健在です。

 ただ、大きな"別離"を抱えているだけに"熱く"なるよりは、最後に「ズーン」としてしまう印象が上回ります。
ハードボイルドならではの哀しい展開・・・・・・。
今後のシリーズ展開がどうなってしまうのか、不安でもあり、新たな楽しみです。

~~~
 「鮫島」は偶然、目撃した古参売人の姿、そしてその売人より不穏な情報を掴む。
警官を殺そうと銃を入手しようとしている男がいると。
一方、新宿には日本、外国でもない、そしてその"特性"より手段を躊躇しない組織の存在が浮かびあがる。
他方、「鮫島」の恋人でもあり、バンドのボーカル「晶」にトラブル発生。

 複数絡み合う事件、人間関係、そして、その行き着く先とは──。
~~~

 さて、最後にブログを始めてから読んだ本シリーズの感想へのリンクを──。

『狼花 新宿鮫Ⅸ』

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『骨音 池袋ウエストゲートパークⅢ』読破 | トップページ | 【書籍】『裁きの地 私立探偵ハンナ』読破 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『絆回廊 新宿鮫Ⅹ』読破:

« 【書籍】『骨音 池袋ウエストゲートパークⅢ』読破 | トップページ | 【書籍】『裁きの地 私立探偵ハンナ』読破 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

リンク