« 【映画】『ブレードランナー』再見 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】4月21日(土)~4月26日(木)雑記 »

2012年11月 9日 (金)

【書籍】『されど罪人は竜と踊るⅣ くちづけでは長く、愛には短すぎて』読破

 「浅井ラボ」著、眼鏡&皮肉屋の「ガユス」と超絶美形で凶暴の「ギギナ」コンビが巻き込まれ&巻き起こす災厄を描く【ファンタジー】小説です。
この厚さで上下巻はないだろう・・・・・・今までのシリーズ作品と異なり、本作は次の巻へ続くとなっています。

 咒式士達、また竜から追われる少女を助けた「ガユス」&「ギギナ」コンビ。
彼等を「ギギナ」同族の最強戦士、非道・非情な咒式士達が少女強奪の為、追いかける展開となっています。
また、個人的にとっても残念ですが、「ガユス」とその恋人「ジウ」に亀裂・・・・・・。
 諸々、気になる、気になる所で"続く"となっている作品です。

 うーん、「ガユス」&「ギギナ」の過去など気になる事は一杯あるのですが、本シリーズはその全てに決着をつけてくれるのか・・・・・・。
角川スニーカー文庫の残り巻数から、大いに不安となってきてます。

 さて、最後に本シリーズの感想(過去記事)へのリンクを──。

『されど罪人は竜と踊る』
『されど罪人は竜と踊るⅡ 灰よ、竜に告げよ』
『されど罪人は竜と踊るⅢ 災厄の一日』

(記:スッタコ小僧)

« 【映画】『ブレードランナー』再見 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】4月21日(土)~4月26日(木)雑記 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【映画】『ブレードランナー』再見 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】4月21日(土)~4月26日(木)雑記 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ