« 【アニメ・ゲーム】4月16日(月)~4月20日(金)雑記 | トップページ | 【書籍】『愛書家の死』読破 »

2012年11月 9日 (金)

【書籍】『あんじゅう 三島屋変調百物語事続』読破

 「宮部みゆき」著、江戸時代(!?)を舞台にした【怪奇譚】です。
前作が面白かったので、直ぐに続編を手にとってしまいました。
前作は確かノベルズで、今回は「ハードカバー」を読んだのですが、断然、「ハードカバー」版をお薦めです。
各頁の下部に記載されているイラストが心地良い・・・・・・いい具合にイメージを膨らましてくれています。
時々、まるまる1頁挿絵ではなく、このような使い方をするとは──。

~まだまだ、紙の本、ハードカバーは頑張っているぞ、と感じさせてくれました。~

 さて、少し脱線してしまいましたが、本作の感想に話を戻します。
前作のように「おそろし」話もあったけれども、本作で目立ったのは《ほんわか、ほんのり温かい、人外達との交流話》です。
異形のモノと現世を繋ぐ"番頭"のような存在が前作で明らかになったので、身構えていたのですが・・・・・・おやおや、今回は趣向が違ったなぁと。

 「三島屋」の"お嬢さん"を取り巻く環境も大分賑やかになってきました。
今後、どう続くのか楽しみなのですが、うーん、続編は出ていないのかな。
シリーズらしいタイトルは見かけるのですが、「三島屋変調百物語~」の記載がないので、どうも違うみたい。
 さて、最後に前作の感想(過去記事)へのリンクを──

『おそろし 三島屋変調百物語事始』

(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ・ゲーム】4月16日(月)~4月20日(金)雑記 | トップページ | 【書籍】『愛書家の死』読破 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『あんじゅう 三島屋変調百物語事続』読破:

« 【アニメ・ゲーム】4月16日(月)~4月20日(金)雑記 | トップページ | 【書籍】『愛書家の死』読破 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ