« 【アニメ・ゲーム】2月19日(日)~2月25日(土)雑記 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】2月26日(月)~3月2日(金)雑記 »

2012年8月12日 (日)

【書籍】『よろず占い処 陰陽屋へようこそ』読破

 「天野頌子(あまの・しょうこ)」著、ホストあがりの"偽"陰陽師(!?)と本物の妖狐(!?)少年コンビが繰り広げる【日常ミステリ】、連作短編集です。
ちょっと"軽い"作品を──とタイトルと表紙に釣られて手に取った本作、まさか『警視庁幽霊係』シリーズを手掛ける著者の作品とは吃驚です。

~相変わらず、推理(謎)部分は、目新しい事や驚きの真相展開はありませんでしたが、登場人物達のやり取りの面白さにて、楽しさをカバーです。~

 あらすじに「ほのぼのミステリ」と記載されていますが、事件の内容はそう"ほのぼの"ではない。
でも、人の優しさが所々に散りばめられていて、全体、読後感として、"ほのぼの"とした感想を残す作品ではあります。

~~~
 不幸続きの「沢崎(さわざき)」家。
母親と一緒の帰宅時、ふと目にした看板「陰陽屋はじめました」。
占い好きの母親に連れられて入るとメガネ美男子の陰陽師「安倍祥明(あべのしょうめい)」登場です。
その胡散臭さ、嘘の占い、母親を守る為、「沢崎俊太」少年が本来の姿を現す!!。

 うーんでも、能力といったら明るさだけが取りえの狐火のみ・・・・・・。
軽~いパンチやキックでは歯が立たず、最終的には「俊太」少年は「陰陽屋」にてアルバイトをする破目に。

 果てさて、美形陰陽師目当ての占いの他、持ち込まれる事件に対し、二人はどんな解決を実施していくのやら。
~~~

(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ・ゲーム】2月19日(日)~2月25日(土)雑記 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】2月26日(月)~3月2日(金)雑記 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『よろず占い処 陰陽屋へようこそ』読破:

« 【アニメ・ゲーム】2月19日(日)~2月25日(土)雑記 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】2月26日(月)~3月2日(金)雑記 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

リンク