« 【アニメ・ゲーム】2月26日(月)~3月2日(金)雑記 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】3月3日(土)~3月11日(日)雑記 »

2012年8月12日 (日)

【書籍】『探偵小説のためのゴシック 「火剋金(かこくきん)』読破

 「古野まほろ」著、論理の謎、読者への挑戦状、"本格"を愛する心は伝わるのですが、登場人物達の妄想文章にて"いまいち、諸々伝わりづらい"【推理小説】です。
大妖の血を引く「小諸るいか」、かるた名人女子高生「水里あかね」のお話も本作で最終巻です。

 設定は色々あるのですが、いまいち"その世界"については中途半端で終わり。

 本作で扱う事件については、最新科学で固められた密室からの盗難と動く電車内での殺人事件の2つで、後者については「エラリー・クィーン」作品を思い起こさせ、ニヤリ。
まあ、でも相変わらず「問題文」と「伏線」が、"分かりづらい"文章内に埋もれてしまっていて、素直に驚く&納得できない点が欠点です。
文章が読みづらいせいで、気づけなかったのではと・・・・・・。

 また、シリーズ全体のストーリー的にも、どうも収まりが悪い・・・・・・これじゃ、何も終わっていないのではと。

 まあ、「古野まほろ」流"本格"を突き通した作品の一つでは、あります。

~~~
 実予の街を騒がす怪盗「黒蜜柑」。
「黒蜜柑」の予告&盗難により、警察エリートである「あかね」の兄も職を失う危機に瀕す!!。

 兄の為、そして自身の能力開花の為、考えて、考える「あかね」。
しかし、そんな「あかね」にも、死の罠が待ち受ける!!。
~~~

 さて、最後にシリーズ感想(過去記事)へのリンクを──

『探偵小説のためのエチュード「水剋火(すいこくか)」』
『探偵小説のためのヴァリエイション「土剋水(どこくすい)」』
『探偵小説のためのノスタルジア「木剋土(もくこくど)」』
『探偵小説のためのインヴェンション「金剋木(きんこくもく)」』

(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ・ゲーム】2月26日(月)~3月2日(金)雑記 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】3月3日(土)~3月11日(日)雑記 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【アニメ・ゲーム】2月26日(月)~3月2日(金)雑記 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】3月3日(土)~3月11日(日)雑記 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ