« 【アニメ・ゲーム】1月30日(月)~2月4日(土)雑記 | トップページ | 【映画】『時計じかけのオレンジ』を見た »

2012年7月20日 (金)

【書籍】『カンナ 京都の霊前』読破

 「高田崇史(たかだ・たかふみ)」著、伊賀・甲賀、歴史・裏歴史──
ついに「傳歴(でんりゃく)」謎が明らかになる【歴史・サスペンス・アクション】です。

 著者の『QED』シリーズと謎が重なる部分が多々あったので、正直、"本シリーズの最後の謎"には、過大な期待はしていませんでした。
でも、読んで吃驚、まさか、まだこんな「隠し玉」があったなんて──。

 謎は楽しめましたが、最後に悲劇をまとめ過ぎだよ・・・・・・。
事態を収拾させる為とはいえ、もう少しマイルドに出来なかったのかと思いました。

~~~
 ついに社伝の秘密が明らかになる時がきた・・・・・・。
敵味方、入り乱れ、かき混ざり、やがて辿り着いた決着。

 今、「聖徳太子」に秘め、込められた想いと謎が解き明かされる!!。
~~~

 所々に記載されている含蓄ある言葉に納得・・・・・・。
疑うまでとは言わないが、「自分で調べて理解する」という動作不足が多々見られるので。

 さて、最後にシリーズの感想(過去記事)へのリンクを──

『カンナ 飛鳥の光臨』
『カンナ 天草の神兵』
『カンナ 吉野の暗闇』
『カンナ 奥州の覇者』
『カンナ 戸隠の殺皆』
『カンナ 鎌倉の血陣』
『カンナ 天満の葬列』
『カンナ 出雲の顕在』

(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ・ゲーム】1月30日(月)~2月4日(土)雑記 | トップページ | 【映画】『時計じかけのオレンジ』を見た »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『カンナ 京都の霊前』読破:

« 【アニメ・ゲーム】1月30日(月)~2月4日(土)雑記 | トップページ | 【映画】『時計じかけのオレンジ』を見た »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

リンク