« 【アニメ・ゲーム】1月17日(火)~1月20日(金)雑記 | トップページ | 【書籍】『ゼロ時間へ』再読 »

2012年7月 1日 (日)

【書籍】『蜂の巣にキス』読破

 「ジョナサン・キャロル」著、スランプの作家が過去の死体発見の事件を探る【サスペンス】小説です。

 巻末の解説を読むと著者は、「ダーク・ファンタジー」の名手とのこと。
はあ、だったら、【ダーク・ファンタジー】の著者作品を読みたかったよ・・・・・・というのが感想です。

~~~
 主人公であるベストセラー作家「サム・ベイヤー」はスランプを乗り越える妙案(ネーム)を思いつく。
自分が子供の頃にたった一度、経験した「死体発見」のエピソード。

 被害者「ポーリン・オストローヴァ」──成績・容姿は優秀、そして破天荒な性格の女性。
子供「サム」を含め、皆の憧れだった女性・・・・・・事件は、彼氏である大学生の男性が捕まり、刑務所内での自殺で終わっていた事件。
「サム」が事件の再調査とし始めると、「サム」の周りにて死人が・・・・・・。
~~~

 「サム」の熱狂的なファンの女性による『ミザリー』(「スティーヴン・キング」)的な展開を含め、サスペンス感は満載なのですが、あの結末ではね。
ちょっと賛否両論が激しくなるかな、あの真相では。

~私も類似の真相の作品を今まで読んでいなければ、面白かったと思えたかも。~

(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ・ゲーム】1月17日(火)~1月20日(金)雑記 | トップページ | 【書籍】『ゼロ時間へ』再読 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『蜂の巣にキス』読破:

« 【アニメ・ゲーム】1月17日(火)~1月20日(金)雑記 | トップページ | 【書籍】『ゼロ時間へ』再読 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ