« 【映画】『彼岸島』を見た | トップページ | 【アニメ・ゲーム】1月17日(火)~1月20日(金)雑記 »

2012年7月 1日 (日)

【書籍】『白昼の悪魔』再読

 「アガサ・クリスティー」著、名探偵「ポアロ」の活躍を描く【推理小説】です。
何を勘違いしていたか、本作を海岸での銃撃(帽子に穴を開けただけ)から始まる作品と混同していました。
全く異なる展開ですが、著者の短編と長編に時々あるのですが、"モチーフが同じ"作品の一つです。

 その展開内容から、直ぐに真相を思い出したのですが、大丈夫、十分に楽しめます。

~そもそも著者の作品は真相を知っても、何度でも楽しめるのだから。~

 現に私も再読、再読ですし。
初読時には意外な犯人に吃驚、再読時は伏線を堪能し、初読・再読を通して、著者お得意の散りばめられた人間ドラマ(主に愛憎劇)が楽しめるのが、要因の一つかと思います。
加えて、多くが殺伐とした終わりではない点が。

~~~
 名探偵に休暇はない・・・・・・休暇をとっても、事件の方が追いかけてくる。

地中海の島での休暇中、とある若い夫婦を脅かす影!?─いや、光、元女優の「アリーナ・マーシャル」。
島のホテルの避暑客達がその成り行きにヤキモキする中、事件は発生する・・・・・・「アリーナ」の扼殺死体。

 容疑者と思われる面々にほとんど証言にてアリバリがあるなか、嘘をついているのは誰か、「ポアロ」の会話が犯人を引き摺りだす!!。
~~~

 さて、最後に著者の作品一覧へのリンクを──

『アガサ・クリスティー百科事典』

(記:スッタコ小僧)

« 【映画】『彼岸島』を見た | トップページ | 【アニメ・ゲーム】1月17日(火)~1月20日(金)雑記 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『白昼の悪魔』再読:

« 【映画】『彼岸島』を見た | トップページ | 【アニメ・ゲーム】1月17日(火)~1月20日(金)雑記 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

リンク