« 【書籍】『写楽殺人事件』再読 | トップページ | 【書籍】『法王の身代金』読破 »

2012年6月 3日 (日)

【映画】『世界侵略:ロサンゼルス決戦』を見た

 【SF】映画は大好きです、本作は他の作品を見に行った時、予告を見て「興味を惹かれた」記憶があります。
結局、劇場に足を運ばず、レンタルDVDでの視聴となったのですが、「勿体なかった」というのが正直な感想です。

~劇場の大画面にて、迫力を感じたかった──と。~

 何故、劇場まで足を運ばなかったのか、公開している映画館には結構な頻度で近くまで行っていたのに。
予告および公開時のCMも迫力十分だったし、映像興味は十分だったのです。

~ただ、タイトルが・・・・・・。~

 見終わった後は、違和感なくなりましたが、視聴前は「タイトルで、スケールダウン」した感が拭いきれません。
タイトルだけ聞くと「なんで、一都市での決戦となっているのだろう。」と。

 内容を見ると異星人達は全世界を攻撃してきています。
本作はロサンゼルスを死守する海兵隊の一小隊に焦点を当てている為、このタイトルになっただけです。
焦点を絞った分、キーパーソンとなる「ナンツ軍曹」ほか、隊員一人ひとり、救助した人々達の"動き"が際立ち、展開的に惹き付ける力を持っています。

 タイトルも作品の一部だと思うので、もう少しネーミングセンスが欲しいかな。
でも、シンプルで分かり易いという点はあるかも・・・・・・しばらく経過してから、「あの作品のタイトルなんだっけ」と言った事にはなり難いので。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『写楽殺人事件』再読 | トップページ | 【書籍】『法王の身代金』読破 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】『世界侵略:ロサンゼルス決戦』を見た:

« 【書籍】『写楽殺人事件』再読 | トップページ | 【書籍】『法王の身代金』読破 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

リンク