« 【映画】『ピラニア』を見た | トップページ | 【映画】『世界侵略:ロサンゼルス決戦』を見た »

2012年6月 3日 (日)

【書籍】『写楽殺人事件』再読

 「高橋克彦(たかはし・かつひこ)」著、第29回江戸川乱歩賞受賞の【推理小説】です。
昔に~賞受賞作品を選択して読んでいた際に一度、触れている作品です。
最近、「写楽」の正体に迫る「島田荘司」さんの『写楽 閉じた国の幻』を読んだ事に影響されて、本作の再読を思いつきました。
「あれっ、昔、読んだあの作品は、写楽の正体について、どう書かれていたっけ」──と。

~本作は、「写楽」の正体に迫るよりは、発生した死亡事件の謎に迫る作品です。~

 本書で書かれていた「写楽」の謎を忘れていたのにも、頷けました。
当時の私は、「写楽」の謎より、事件の謎の方に心を奪われていたのでしょう。

~~~
 大学研究員の「津田」は古本市で、知り合いとなった古書店主から「秋田蘭画」の肉筆画集を手に入れる。
その画集の中に一枚の絵に「津田」の目は釘付けとなる・・・・・・なんと、その絵には「写楽」の名が!!。
~~~

 改めて、まだまだ解明されていない謎が、多い事に驚きました。
書物などが豊富に残っていると思われる時代でも、これだもの。
「昔」、「歴史」、「人物」を探求する面白さっていうのが、分かりました。

(記:スッタコ小僧)

« 【映画】『ピラニア』を見た | トップページ | 【映画】『世界侵略:ロサンゼルス決戦』を見た »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『写楽殺人事件』再読:

« 【映画】『ピラニア』を見た | トップページ | 【映画】『世界侵略:ロサンゼルス決戦』を見た »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ